銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

定規 :第1章

仕事で使用・・・・・本当は余り使用する機会が少なくなって、
主に手帳や書類へのアンダーラインを引く時に使用と、
学生時代から比べて極端に使用頻度は少ない。

ここで、2つの定規を紹介したいと思う。


まず1つ目。

これは、さかのぼること30年以上前。
中学生の時に購入したもので、普通のもので当時20円程度(もっと安かったかな?)
で、文具店で並べられていた中、300円もする超高級品だった。
長さは15cm。透明でかまぼこ状の形状。
定規

定規 (1)

定規 (5)

文字の上に置くとレンズ効果で文字が大きく見える。
また、中央には分度器が配されている。

これ一つあれば何でもできてしまう、当時ではスーパー定規だった。
クリーム色のカバーが付いており使用後必ずそれに収納し筆箱に入れたものだ。
そのカバーは破れてしまい今はもう無い。
四隅も丸くなってしまい、目盛りも薄くなり所々見えない。
定規 (3)

定規 (4)

そして何より致命的なのが何カ所か欠けが生じ、線を引くとポコッとなって
真っ直ぐ線が引けなくなってしまった。
定規 (6)

定規 (7)


捨ててしまっても良いのだが、何故か手元にあり。机の引き出しにしまっている。

お気に召せば、ポチと一押し!




  1. 2008/07/23(水) 00:00:00|
  2. 文具雑品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<LAMY pico(銀ピコ) | ホーム | 余禄50 となりの達人 :第5章 (21世紀の伊能忠敬篇)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/402-d47d5481
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター