銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

fILOFAX SIENAバイブル :第6章(6ヶ月)

昨年末に購入し、本来の革質(アンティークレザー)の特性から
そんなにエージングが進まないであろうと思われていたのだが、
撮影のためあれこれじっくり見てみると、
ベルト部分やポケット部分にテカリがあったり、手で持つ部分が黒ずんでいたり。

fILOFAX SIENA 6月後(8)


fILOFAX SIENA 6月後(10)


fILOFAX SIENA 6月後(11)



傷はつけないように細心の注意を払っている。
トラベラーズノートは傷が付いたり、テカったりするのが楽しいのだが・・・・
これだけは余り傷をつけたくない。(高価だったのもあるのかなあ?)


fILOFAX SIENA 6月後(9)

fILOFAX SIENA 6月後(7)



現在手帳術の試行期間と言うことで、色々な使い方を試している。
もちろん常に持ち歩き(鞄の中だけど)職場を出ての会合等にも
連れて行っている。
周囲(他院)の者も「お前好きやなあ~」と半ばあきれ顔であったり
影響されシステム手帳を購入する者もいたりと様々。

ただ不幸なことに私の周囲に「手帳術」に関心のある者が居ない。
居てくれると色々情報交換や意見交換ができるのに。

購入から半年が経過し、簡単にインプレッションを述べてみると、
A5サイズシステムに慣れていたので、最初は容量不足を感じたが、
スペースを考慮すれば必要にして十分。
ゴールドのリングのかみ合わせも良くリフィルが引っかかることは皆無。
リング径も十分で、これ以上大きくなるとスタイルが悪くなるかも知れない。


fILOFAX SIENA 6月後(12)

fILOFAX SIENA 6月後 (3)




革の手触りは全く購入当時と変わらず柔らかくてしなやか。
持っていることに喜びを与えてくれる。



【送料無料!!】Filofax(ファイロファックス) Siena(シエナ) バイブルサイズ システム手帳 エスプレッソ ファイロファックス 441-021213

価格:36,750円
(2013/11/27 13:44時点)
感想(0件)










いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。






  1. 2008/06/27(金) 00:00:00|
  2. 手帳(システム)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<余禄47 となりの達人 :第2章 (日産テストドライバー篇) | ホーム | BEAMSとセブン-イレブンのコラボレーション文具>>

コメント

元ステージアさん。

ありがとうございます。
シャープペンは0.3mmを愛用しています。
実際は、システム手帳を開くと必ずペンホルダーの
ペンを抜いています(無意識に)ので、
手に当たることはない。
言われるまで気がつきませんでしたが・・・・(笑)
  1. 2012/09/04(火) 07:36:00 |
  2. URL |
  3. 銀狐 #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは。ご意見ありがとうございます。
私は、COLETO(シャープ無)を刺しているので、
シャープペンを使用するときは、セットしたままなの
で当たってしまいます。

人により、それぞれこだわりの箇所が違うものですね。
私も、気にならないようになると、また今とは違う手帳感が
生まれそうです。
  1. 2012/09/03(月) 23:58:43 |
  2. URL |
  3. 元ステージア #-
  4. [ 編集 ]

元ステージア さん。

ありがとうございます。
A5では、ダビンチの物を使っています。
これはペンホルダーが収納できるようになっており、
筆記には邪魔にならない構造になっています。

ただA5は、職場の会議等に多用しています。
この際は必ず万年筆になりますので、
ペンケース持参という形になって、
ホルダーは収納したままの状態です。

バイブルサイズに関しては、
多色ペン等をホルダーに挿しています。
しかし、ボールペンは筆記状態ではホルダーにありませんので、
手に当たって邪魔というわけではありません。
(ホルダーがあることに慣れてしまったのかも)
  1. 2012/09/03(月) 08:00:20 |
  2. URL |
  3. 銀狐 #-
  4. [ 編集 ]

ペン刺しの位置

こんにちは。
最近の銀狐さんのところにお邪魔するようになりましたが、興味あることばかりなので、すべてに
コメントしたいくらいです。
私もシステム手帳にこだわりもってまして。そのうちの一つに、ペン刺しの位置にこだわりを
持ってます。

大体の手帳は、開いて右側にきますが、これだと書いていると手にあたるので非常にきになります。

左側にあるもので色々探していたのですが条件にあうものが無いのです。
A5サイズでキプロス製(ディンプル仕様)が有力でしたが、希望リング25mmに対して
15mmしかなく断念。

結局、オーダーメードしました。寸法などは、仕様とおりで満足しています。でも、革質などは
確認できない部分なので、手にとってから「う~ん」という感じです。
(ノート自体は、満足して現在使っていますので。)

銀狐さんのファイロファックスのクラッシックと同じように、手に取って見る事ができない弊害です。

話もどりますが、銀狐さんは右側に刺されているペンの存在どうですか?
  1. 2012/09/01(土) 09:53:15 |
  2. URL |
  3. 元ステージア #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/391-b76863fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター