銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

雪メガネ(YUKI-MEGANE)

夏の今頃に紹介するのも何だけど・・・・・・

雪メガネ


雪だるまを模した可愛いスタイルのこのメガネで雪をのぞくと
雪の結晶が見えるという「雪メガネ」。

雪メガネ (1)

雪メガネ (2)


ガラスでできたレンズが屈折率を高め結晶まで見えると言うものだ。
直径が小さいゆえ拡大した際被写体のゆがみというのも発生するが
結晶を見るには十分なのだ。

雪メガネ (3)


また、このメガネ、デジカメの接写にも使用できるという。
レンズ越しに見る被写体の拡大の凄さは、
現在使っている100均のレンズとは大違いだ。(当たり前か)
もちろんデジカメにも使えるが、本来、雪の結晶を見ることを
目的として作られたレンズ。
少々の歪みがあったとしても徹底した割り切りと、
雪が降らないと注目されない使用目的。
(だからあえて今紹介したのもあるが・・・・・・・)

昨年は雪が多く降り活躍の場が増したとはいえ
何とも贅沢なレンズには間違いない。

お気に召せば、ポチと一押し!




  1. 2008/06/11(水) 00:00:00|
  2. 文具雑品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<銀狐の手帳術:第15章 手帳術考 第1節 基本使用法 | ホーム | 余禄44 朝令暮改の発想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/384-2f830173
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター