銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

余禄44 朝令暮改の発想

4131Vgbb2NL__SL500_AA240_

朝令暮改の発想-仕事の壁を突破する95の直言
(「鈴木敏文」著 新潮社)

著者は日本でのセブンイレブンの創設者だ。
小売業日本一となり、ロイヤリティーを納めていた
アメリカの会社の再建に力を貸すまでになった。

時代は変わり、過去の経験は役に立たない。
ベテランも無意味に変わるニーズを消費者の立場から考え、
変化に挑戦し、失敗と気付けば改めよ。
朝令暮改でよい。

確かに進化論のダーウィンも生き残るのは、
強い者でも頭の良い者でもなく対応できる者だと言っている。

アンケート調査や経営の本など役に立たない。
同じ品物でも売り方の違いで売れ行きに差が出る。

この本を経営学者は絶賛しているらしい。

どうせなら、グループ内でセブンイレブンを経営する人の苦労と
その経営から脱落し、閉店する実情までをこの本で語ってから、
経営学者に絶賛してもらえば良かったのに・・・・・と、斜に構えてしまう。


お気に召せば、ポチと一押し!




2008.06.12
いまの日本ではもう朝令暮改は朝飯前で、
どちらかと言えば国民は「朝三暮四」にコロッと騙されている
猿の群れのように思えてなりません/笑。

http://www2.odn.ne.jp/kotowaza/sub09-1-2-tyousanbosi-koji.htm

と、雲衣さんからコメをいただきました。

なるほど笑ってしまいますが、
今の日本人、お猿の方がもっと知的な生活を営んでいることと思います。
(ちょっと自虐的すぎ?)




  1. 2008/06/09(月) 00:00:00|
  2. 余録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<雪メガネ(YUKI-MEGANE) | ホーム | MUCU TYPE RN-B>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/382-4d124df3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター