銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

セーラー キングプロフィット:第7章 1周年篇

セーラーキングプロフィットを購入して約1年。
ほぼ毎日、blogネタ、余禄ネタにこの万年筆を使ってきた。


セーラー キングプロフィット 1年後

セーラー キングプロフィット 1年後 (1)



ペン先の大きさ、Mサイズニブと言うこともあって
インクフローの良さ、ペン先の柔らかさ、文字の書きやすさ。
全てが良く日本語を記入するには本当にピッタリの万年筆だ。

セーラー キングプロフィット 1年後 (2)


こればかりはMade in Japanの万年筆と言わざるを得ない。
インクは相変わらずカートリッジにボトルからシリンジで吸い上げた
インクを補充して使用している。
この作業を週に1~3回実施しているがこれがまた楽しい。
この万年筆を購入した時いつかはモンブラン149が欲しいと言っていたが
お恥ずかしい、未だ購入に至っていない。


セーラー キングプロフィット 1年後 (3)

セーラー キングプロフィット 1年後 (4)


そうこうしているうちにモンブランも値上がり、149が10万円近くになってしまった。
それに比べるとこのキング安価(感覚がおかしくなっております)で至福の書き心地を
提供してくれる。
万年筆の世界にのめり込めばのめり込むほど
セーラー社の素晴らしさを知らされる。そんな1本だ。

セーラー キングプロフィット 1年後 (5)





セーラー万年筆はこちらへ







お気に召せば、ポチと一押し!







  1. 2008/05/23(金) 00:00:00|
  2. ペン(万年筆)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<余録42 日本語オノマトペ辞典:第2章 | ホーム | TOMBOW PIT テープのり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/376-8a1e8b7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター