銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

余禄40 エマージングウィルス :第2章

新型インフルエンザの発生の仕組みは
鳥のウィルスの表面にあるタンパク質のトゲは人の細胞には取り付きにくく、
鳥のウィルスが人に直接感染することは希だ。

ところが豚には鳥と人の両方のウィルスが感染する。
喜田さんは「豚が鳥のウィルスと、人のウィルスに同時に感染すると豚の細胞内で
ウィルス遺伝子が混じり合い人に感染する新型のウィルスが生まれる」と話す。
実際、過去の新型インフルエンザは豚の体内でできたと考えられている。

H5N1型の高病原性鳥インフルエンザはカモからガチョウ等に感染して
低病原性を獲得したウィルスがニワトリ感染。
大規模鶏舎等で6~9月間流行すると、ニワトリへの高病原性を獲得することがある。
人への直接感染は中国や東南アジアで見られ4年間で200人以上の死者を出している。
まだ、人同士で感染する能力はない。

喜田さんは「H5N1型だけが新型インフルエンザになるとは限らない」
「豚の監視を続けることと効果的なワクチンをすぐに作れる態勢を整えることが大事だと指摘する」
新型ウィルス出現の背景には交通手段の発達と野生動物の輸入。
大規模で高密度な家畜の飼育等がある。

山内さんは「人間活動がエマージングウィルスの出現を引き起こすと認識し、
公衆衛生対策を整えるべきだ」と、語る。

人の歴史はウィルスとの戦いの歴史だと言われているが、
それらウィルスの出現に、人の活動が影響しているとは皮肉な話だ。

お気に召せば、ポチと一押し!







  1. 2008/05/12(月) 00:00:00|
  2. 余録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ふせん工房 モニター | ホーム | 「超」整理手帳カバー(スリップ・オン)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/368-c5651bba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター