銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

リフィル(トラベラーズノート スクエア)

トラベラーズノートのリフィルも、ルールド・スクエア・ダイアリーと
多種がリリースされている。
オーソドックスなのはルールドなのだろうが、
どうしても罫線内に収まるように書いてしまう。
(もちろんそのためのルールドでしょ)
文字の大きさ、ペンの太さもそれに合わさなければならない。

もっと自由に記入したいと思いスクエアを購入した。
私はフリー(無地)だと書いているうち右上がりの文字列に
なってしまう。
もちろんトラベラーズノートの大きさ(A4の約1/3)くらいなら、
その癖が出るまでに改行しているだろうから良いのだけど、
字は出来るだけ一直線に書きたい(ただでさえヘタなのだから)

トラベラーズノートsample06

トラベラーズノートsample08


書きたいペンでその時々の気分で文字が大きかったり、小さかったり・・・・・
何も考えず、何にもとらわれず・・・・・
そのスタイルがトラベラーズノートらしくて良いと勝手に決めている。


トラベラーズノートはこちらで。








お気に召せば、ポチと一押し!










  1. 2008/03/05(水) 00:00:00|
  2. 手帳(トラベラーズノート)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ペンケース(自作篇) | ホーム | 余禄33 文章の磨き方>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/345-88bf81af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター