銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

メーカー紹介(2):ロットリング

ロットリング/rotring Tips
1928年ロットリングヒストリーは始まった。

当時、ドイツのハンブルクで仕事をしていた
ウィルフィルム・リープは、アメリカを旅行中に
1本の風変わりなペンをみつけた。

このペンをヒントにリープは、
管と針の間からインクが通って一定にインクが
でるという中空パイプ式の万年筆を開発した。
リープと、風変わりなペンの出会いがやがて彼の生涯ばかりか、
筆記具の世界をも変革するロットリング社の
誕生へとつながっていった。


世界中で愛されるロットリング社の製品達

ロットリングはプロのデザイナーや設計者を中心に、
その精度の高さに信頼を得てきた。

その理由は、操作性、線の精密度、書き味といった
長い歴史に培われた高い技術力に基づく。
こうしたプロのニーズに対応する確かな製品作りは、
万年筆、ボールペン、ペンシルはもとより高いメカニズムを要する、
マルチペンにも反映されている。

ロットリングのブランドを冠した全ての製品に通じている
信頼の技術に裏打ちされた、
最良の筆記具をリーズナブルな価格で提供
していくことそれこそが、ロットリングの理念なのです。

文具店ワキさんの紹介文を参考にしました。

ロットリングはこちらで。




お気に召せば、ポチと一押し!


  1. 2007/09/03(月) 00:00:00|
  2. メーカー紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トラベラーズノート -改①- | ホーム | Lamy pico(赤pico) 2周年>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/266-643f40ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター