銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

BRIT HOUSE ブッテーロレザー (THE ME)A7手帳カバー:第13章 (9周年)

デルフォニックスのA7は何とか入手。
喜んで使ってはいるが、
このダイアリーも今年を最後に
製造を中止する運びとなっている。

このサイズ。
なかなか需要がないのかね。

好きなダイアリーだったため来年以降の
手帳運用にも大きく影響しそうだ。


THE ME A7手帳 9年後 (1) THE ME A7手帳 9年後 (2) THE ME A7手帳 9年後 (3)


来年以降は、A7を辞めるか・・・・
では、このカバーの使い道は?
モレスキンサイズの手帳は、
白衣のポケットにはやや大きい。


THE ME A7手帳 9年後 (6) THE ME A7手帳 9年後 (7) 


ブッテーロは、本当にすばらしいよね。
同じブッテーロシステムもそうだが、
革の張りは全く衰えず、
型崩れ一つしない。


THE ME A7手帳 9年後 (8) THE ME A7手帳 9年後 (9)



確かにエイジングはかなり進んではいるが、
まだまだ現役の手帳カバー。


THE ME A7手帳 9年後 (5) THE ME A7手帳 9年後 (4)



ゴムバンドがヨレヨレになって、
止めるという機能を果たしてはいないが。
まぁ、愛嬌だわ。

とりあえず、2018年のダイアリーが販売開始になって、
ラインナップを見てから来年以降の運用を決定することに。



BRIT HOUSE(ブリットハウス)はここで手に入ります。







いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2017/07/17(月) 00:00:00|
  2. 手帳(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<余録122 萬年筆奇譚 第4章 疑惑篇3節 | ホーム | BRIT HOUSE ブッテーロレザー バイブルサイズシステム手帳:第13章 (9周年)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/1246-4ad8766b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター