銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

キムワイプ

いつも万年筆にインクを補充する際は、
ペン先の拭き取り用に、ティッシュを使用していた。

たまに、割部分に、ティッシュの繊維が挟まってしまうことも。

そういう時、いつも手にインクを付けながら、
除去作業に掛かる。


灯台もと暗し!



臨床検査、生理検査、工学技士の整備室。
私の撮影室でも、よく使っている。
医療技術部門。至る所に「キムワイプ」は転がっている。

学生時代にも、ずっと側にあったなぁ。


よくよく考えれば、ペン先の拭き取りには最強の紙だわ。


キムワイプ (1) キムワイプ (2) キムワイプ (3)


とりあえず、新品を2箱、倉庫から拝借。



日本製紙クレシアによると、キムワイプは「産業用ワイパー」という商品。
ワイパーといえば、車についている雨を拭き取る棒状の装置を思い浮かべますが、
そうではありません。ワイプする(wipe=拭き取る)ためのものという意味で、
わかりやすく言えば「業務用の拭き取り紙」のことです。

 もともとは、アメリカのキンバリー・クラーク(Kimberly-Clark)社が
第二次世界大戦中に光学レンズの拭き取り用として開発したもので、
1969年から日本製紙クレシアの前身である「十條キンバリー」が国内で製造・販売を始めました。
名前はKimberlyのKimとwipeをつなげてキムワイプ(Kimwipe)となりました。

 今ではサイズ別に4種類がラインナップされています。
メインである「S-200」はティッシュのような長方形ではなく、
正方形に近いのが特徴。実験器具などと一緒に机の上に置いても邪魔にならないよう、
この形になったそうです。

 ケバ立ちが少なく、拭き取った後の繊維が目立たないので、
主に大学や民間企業の研究室や電子工場などで使われています。
用途はビーカーや試験管、薬品などの拭き取りです。

 記者が社内で理系の同僚にキムワイプを見せたところ、
「研究室には必ずあった。なんでも使える万能選手」「これでよく鼻をかんでた」などと懐かしんでいました。
この商品、一度使い始めると他の商品に切り替えることは、ほとんどないといいます。
研究室などの場合、他の製品に変えることで実験結果の数値に影響が出る可能性があるためだそうです。

 ネット上で調べると、様々な用途に用いられているようです。


-with newsから引用させて頂きました-



ティッシュと違って、2枚セットではない。
大きさは1:2の長方形。
半分に折って正方形で使用したり、
そのまま使用したり。



キムワイプ (4) キムワイプ (5)


水分は吸収するが溶けることはない。
(まちがっても、飲み込んだり、排水に流さないこと)


ペン先に付いているインクを綺麗に拭き取って、
ペン先のクリーナにもなる優れものだ。

毎日のように見ているのに、
そこに気がつかなかった。

もったいないことをしたものだ。


200枚入りで意外に安価。
そりゃ、ティッシュのように安くはないけど。
ペンクリーナーに比べれば、非常に安い。


市販もされているので、お試しになりたい方はどうぞ。






キムワイプS-200 200マイ62011

価格:124円
(2017/4/19 14:31時点)
感想(0件)






キムワイプ S-200 【62011】 12箱(200枚×12) クレシア(ワイパー/ウエス/拭き取り/清掃キムワイプ/キムタオル/ハンドタオル)

価格:2,000円
(2017/4/19 14:51時点)
感想(4件)






いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2017/05/08(月) 00:00:00|
  2. 文具雑品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<セーラー キングプロフィット:第14章 10周年篇 | ホーム | Pent〈ペント〉 コレクションボックス 8本用 エレガンテ ~Elegante~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/1235-72e2926c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター