銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

セーラー 万年筆コレクションケース 5本用(ホワイト):第2章(1周年)

4本所有していた、No.149だが、
90周年モデルが増え、5本となった。

決してこのペンケースのために
1本増やしたというわけではないが、
5本になってしまった。

何度も言うが、このペンケースに合わせてはいない。


セーラー万年筆 本革製万年筆コレクションケース ホワイト 5本用 1周年 (1) セーラー万年筆 本革製万年筆コレクションケース ホワイト 5本用 1周年 (3)



なかなかゴムバンドもきつく、
持ち運び等でペンが動くことはない。

ケースはクッション性があり、
少々のことではペンに荷重はかからない。
自動車通勤には全く問題なし。
(電車通勤は・・・・保証でき・・・かねる)

1年が経過したが、革の匂いは未だ落ちない。
個人的に嫌いではないので、気にはならないが。


セーラー万年筆 本革製万年筆コレクションケース ホワイト 5本用 1周年 (2)



会議や勉強会に引っ張り出してみることもある。
ハンス・オスターとル・ボナーが主役なので、
あくまで気張らし程度の稼働率。


埃っぽい会議室のテーブルに
直接置いて使うと、汚れが付く。
しかも白いので目立ってしまう。

職場のテーブルなら、使用前に環境清拭ワイプで
綺麗にすることも可能なのだが、
他院等にお邪魔して、勉強会をする時は、
なかなか・・・・

あまり神経質にするのも気が引けるし、
開催病院の世話人に申し訳ない。

必要な万年筆を取り出したら、
ペンケースは鞄の中に収納している。

白って気を使う。


出かけた後は必ず、
綺麗に拭き掃除をして、
油脂等は一切塗布していない。


金額の割に良く出来たケースだ。



いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。







  1. 2017/04/03(月) 00:00:00|
  2. ペンケース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<モンブラン マイスターシュテュック 149 90年記念モデル: 第4章(1周年) | ホーム | 余録118 萬年筆奇譚 第3章 パーティーの女篇3節>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/1231-0c630c46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター