銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

モレスキン スマートライティングセット

モレスキン スマートライティングセット main_pc



アナログとデジタルをシームレスに繋ぐ「MOLESKINE+」に、
モレスキンオリジナルのペン+、ペーパータブレットがセットになった
スマートライティングセットが登場。
文章やイラストが専用のアプリでデータ化され、
アプリ上で創造性豊かな編集が可能となります。



スマートライティングセット概要
SMART WRITTING SET INSERT




モレスキン スマートライティングセット img1


ペーパータブレット


ドット方眼

文章の筆記はもちろん、デッサンや図形にも適した
マルチに使えるレイアウト。

ハードカバー

頑丈なだけでなく、硬いカバーが下敷きとなり
手に持って書き込むことができます。

ラージサイズ

大きすぎず小さすぎず、充分に書き込める
一番人気のサイズです。

上質な中紙

100g/㎡の、厚く上質な紙を採用しており、
インクの裏抜け等を防ぎます。



ペーパータブレットの機能


NeoLab Convergenceが特許を持つテクノロジー。
ページの表面に施された微細なグリッドパターンをペン+のカメラが認識し、
書いた文字やイラスト、その位置を
正確にお使いのデバイスと同期させることができます。


モレスキン スマートライティングセット img1a


ペン+でこのアイコンをタッチすることで、
アプリ内の「共有」機能を呼び出すことができます。
書いたものをメール等でさっと送りましょう。




モレスキン スマートライティングセット img2


ペン+


使いやすいスリムボディのスマートペン。
従来のスマートペンと比較しても非常に軽く、持ちやすい三角軸のフォルムが特徴的です。


ペン+の機能

ペン+はBluetooth機能を通じてデバイスと同期することができる
最先端のアイテムです。

ペン+に接続するUSB端子はペンの最後部にあります。
ご使用の前に30分程度充電しましょう。


ペン+の電源スイッチはペン上部のメタリックなボタンです。
こちらのボタンを長押しするか、ノートに書き始めることで自動的に電源がONになります。

電源をOFFにする際も同様にボタンを長押しするか、
一定時間使用しなければ電源が自動でOFFになります。

ペン上部、電源ボタンの裏側にあるLEDライトは、
様々なカラーで点灯し、それぞれに意味があります。


LEDライトのカラー

※その他のカラーは付属のクイックガイドをご参照ください。


ペン+の替芯はスマートライティングセットに一本付属しています。
ペン先から芯を指でひっぱることで、
簡単に取り外し、付け替えることができます。

※芯はゼブラ4C-0.7芯を採用していますが、
ペン先のサイズ、インクの色が変わってもご使用が可能です。


モレスキン スマートライティングセット img5



モレスキン スマートライティングセット img6




モレスキン スマートライティングセット img11 モレスキン スマートライティングセット img12 モレスキン スマートライティングセット img13


モレスキン スマートライティングセット img14 モレスキン スマートライティングセット img15 モレスキン スマートライティングセット img10


モレスキン スマートライティングセット img16 モレスキン スマートライティングセット img17 モレスキン スマートライティングセット img18



モレスキン スマートライティングセット bg1



最近まで、ガラケーにこだわって使用していたが、
どうも充電が出来なくなって、
ショップでバッテリーを交換しようと、
みてもらったら、充電機能がもうダメになってた。

8年近く使うと、ダメになるのね。

そこで、仕方なくiPhone7を購入。


このセット。

使えそう・・・・・・・



描いた内容をさっと消したい時にも消しゴムツールがないので、
いったん「編集モード」を呼び出してから、
タブレットの画面で消したい箇所を指定して消さなければならないのが面倒だ。
スマートペンから直接操作できる消しゴム機能が欲しい。





>【あす楽対応品 送料無料】モレスキン スマートライティングセット 851152

価格:28,188円
(2017/2/16 16:51時点)
感想(0件)







でも、なかなかの金額よね。
好きな万年筆で書く方が良いかな?

書いたものが、すぐにデジタル化というのは、
さすがに凄いけどね。


会議室で大ウケしそうなアイテム。
商談に持って行っても、一役かってくれそうではある。









いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2017/03/06(月) 00:00:00|
  2. 手帳(MOLESKINE)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ル・ボナー 3本挿しペンケース :第5章 3周年 | ホーム | 余録117 萬年筆奇譚 第3章 パーティーの女篇2節>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/1227-f2de3315
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター