銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

余録123 萬年筆奇譚 第5章 尋問篇1節

ホテルの一室。


女が男にまたがり腰を振っている。


髪を振り乱しながら腰を振っているのは、
プロフィット社 秘書の長沢枝美子だ。


「で?そのことを彼に話したというの?」

「そ、そうだ。」


谷口が女の下、腹で呼吸していた。


「アナタ、おしゃべりね」





「うっ、彼は信用できるよ」

「どうして言い切れるの?」

「だって、この開発商品の情報を持ってきたのは彼なんだから」


長沢は腰の動きを止め、
谷口を見下ろす眼が大きく開かれた。


「彼が持ってきたの?」

「そうだ」


谷口からゆっくり視線を天井に上げ、ニヤリと笑う。


「アナタって、本当におしゃべりね」


そう言うと腰を捻った。


「うううぅ」


大きな声を出して谷口は果ててしまう。



長沢枝美子は、谷口の体を降り、
そそくさとシャワー、身支度を済ませ
出て行ってしまう。


ホテル地下駐車場、グレーの
FIAT500アバルト 695 BIPOSTO に乗り込み、
長沢は大声で笑い出す。

ひとしきり笑った後、


「可愛い顔して・・・・・何者なの?」


ルームミラーをにらみつけた。




「山城君」

山城は、経理部長に呼び止められた。


「来週3日ほど、カスタム社に出張してくれるか?」

「カスタム社ですか・・・・?」
「なんでしょう」

「カスタム社とプロフィット社はしのぎを削るライバル社ではあるけど」
「色んな部分で業務提携をしていて、部品等の共有をしてコストカットをしているのは知っているだろう?」
「特許も生産台数の制限等はあるものの互いに融通し合っている」

「先代社長時代からは考えられないことなんだが、現社長同士妙に気があって居るみたいでね」
「数名のプロジェクトでカスタム社に派遣することになった。膝をつき合わさないと決められないこともあるからね」
「君は渋谷に自宅があったね。直行直帰でかまわないよ」


部長はひとしきりしゃべると、山城の返事を待つことなく肩を叩いて去って行く。


「カスタムか・・・・・」


翌週、山城達5名はカスタム社に送り込まれる。
山城を除く4名は、社用車のトヨタアルファードに乗って。
銀座のプロフィット本社を後にする。

山城は、タクシーで渋谷カスタム本社に。

本社玄関前で待ち合わせて、カスタム社それぞれの担当者と調整に入った。

昼食時、プロフィット社員で外食に出ようとした際、噂を聞きつけたのか、
総務課の名取と大下が駆け寄ってくる。


「山城さん、お久しぶりです」

「やぁ、君たち。元気だったかい?」


二人からはパーティーの時に見せた高圧的な態度は失せて、
どこか女子学生のそれが感じ取れた。


「今からお昼ですか?」

「うん、渋谷周辺には疎くてどこか美味しいお店は知らないかい?」


二人はプロフィット社員を一瞥した後、


「美味しいところにお連れしますけど・・・・・」


そう言って、また社員達を見る。


「山城君連れて行って貰いなさい。かまわないよ」


年長のプロフィット社員が気を利かす。


「いえ、そういうわけには」


二人から候補の店を聞き出し、5名で外出する。
二人は触れなば落ちんといった表情で山城を見送る。


「君はどこに行っても人気があるね」

「いえ、先日のパーティーで一緒だったものですから」
「それより、今回は谷口は来ていないのですね」


企画開発からは別の者が参加していた。


「そうなんだよ。急遽変更になったみたいだ」

「なにかあったんですか?」

「わからないなぁ」
「社長がお決めになったとか聞いているが詳しくは・・・・」


昼食を摂って、カスタム社に戻りエントランスを歩いていると、


「白山君!」


小さいがはっきりと聞き取れる声がした。
プロフィット社員は誰も気がつかなかったのだが・・・・・・

山城は反応して声のする方に振り返った。
振り返りざまに反応したことを悔いた。


「ちっ!ミスった!」


声の主は、鵜飼玲子だった。











いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2017/08/28(月) 00:00:00|
  2. 余録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<BREE システム手帳(25mmリング):第12章(8周年) | ホーム | モンブラン マイスターシュテュック 149 18K :第15章 9周年篇>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/1210-1fd001f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター