銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

余録121 萬年筆奇譚 第4章 疑惑篇2節

パーティーから2週間ほど後、山城晶夫は白山峰夫となって、
カスタム社に出勤する。

いつもの寝癖、無精ひげ、よれたスーツ、歪んだネクタイ
黒縁の大きなメガネ。


昼過ぎに社長室を訪れて、

開発に5000万円の補正が組まれ、横領された可能性があること。
町工場と共同で試作中であること。
カスタム社女性職員で特に不穏な者はいなかったこと。

調べたことを詳細に報告した。


ただ、営業部、長原の実家ということは報告しなかった。


秘書の鵜飼玲子は休んでいた。


総務課に戻りデスクに座る。
いつも元気な名取と大下が放心状態で座っており、
課長がその周囲を頭を抱えて歩き回っていた。

パーティーからこちらずっとあの調子らしい。
何をやっても上の空。

大企業の令嬢二人を預かる課長だ。
元気で居て貰わねばなんと言われるか分かったものではない。



帰宅して、長原に電話をかける。


「かけてきてくれたのね」

「ごめん忙しくてなかなか連絡が出来なかった」

「うれしいわ」

「お父様の工場には開発担当の者も行っているんでしょう?」

「そうね、担当者は週末はお休みで来ないけど」
「工場で父は週末も働いているわ」

「今週末お邪魔しても良いかな?」
「まず、君のマンションに寄ってから一緒に行こう」

「わかったわ、待っている」





週末、黒いポルシェで長原純子を迎えに行く。
古くお世辞にも綺麗ではないマンションから、彼女が恥ずかしそうに出てきた。
パンツスーツに綺麗な髪は後ろで束ねられていた。


「お待たせしてごめんなさい」
「汚いマンションで驚いたでしょ?恥ずかしいわ」

「いや、とんでもない」


長原は実家の町工場の住所を告げる。

途中、実家に土産と作業着と靴、軍手を購入する。


都内ではあるが下町風情が色濃い中小工場が建ち並ぶ一角に長原製作所はあった。


「ここよ」


あまり広くない道なので、
山城は工場敷地に少しポルシェを入れて駐車する。

着古してはいるが洗濯された作業着を着た高齢の男性が奥から出てきた。
白髪で頑固な職人という言葉の似合う人だった。


「純子か」

「お父さん」

「紹介するわねプロフィット社の山城さん」
「父です」

「山城です。突然の無礼をお許しください」

「いえ、娘が会わせたい人と言うから婚約者かと」

「経理を担当して現場を知らないものですから」
「無理を言ってお邪魔させて頂きました」



途中で買った高級菓子の箱を差し出す。
父親は恐縮した表情で、手袋を脱ぎ受け取ると、


「そんな綺麗なスーツですと・・・・・」

「しばらくお待ち頂いてもかまいませんか?」


そう言うと、ポルシェのボンネットを開け作業着を取り出した。
おもむろにスーツを脱ぎ、黒のボクサーパンツ一枚になる。


「や、山城さん。外ですよ」


純子が制止するもかまわず作業着を着始める。
しなやかな山城の体をまぶしそうに見つめる。

それを見てニヤリと笑う父。


「本社のホワイトの方で、作業着を持参された方は初めてだ」

「ここではこれが正装と思いまして」


着替え終わると、父親に案内されて工場内へ。
見たこともない大きな機械が整然と並んでいる。
油や金属を旋盤した匂い。従業員の汗の臭いも染みついている。
嫌いではない。

整理整頓され予想以上に清潔だった。

工場の奥、シートが被せられた作業台の上に試作品が無数に並べられていた。


「こんなにあるんですか?」

「そうです不具合が出ると予備の物が必要になります」
「数種類作ります」

「なるほど」
「予算もかかるわけだ」

「本社も財政難でなかなか良い予算は付けてくれませんよ」

「でも・・・・補正・・・・」

「本社の方に申し上げることではないが」



と、前置きをして、説明してくれた。

ここでの試作はほとんど町工場に丸投げにして、
予算はくれない。後の発注で回収できるだろうと言うのが、
プロフィット社のやり方らしい。

話が違う。


「親会社を変えるおつもりはないのですか?」

「親会社があるだけありがたいんです」


白髪の頑固職人は力なく笑った。

その後も、父親は冗談を言って笑わせたり、
山城のそばから離れず説明をし、実際に機械を操作して見せた。

それを後ろから微笑ましく見つめる純子。


晩ご飯を一緒にと言う、父親の申し出を遠慮して
長原純子を乗せてマンションに向かう。


「あんな父を見たのは久しぶりだわ」
「よほど山城さんが気に入ったみたい」

と、クスクス笑う。
その笑顔がどこか父親とダブって見えた。

「長原さん、もし、もっと待遇の良い会社が」
「下請けを依頼してきたら考えて頂けますか?」

「カスタム社も同じようなもの」
「そんなに待遇の良い会社なんてないわ」


そう言ったきり、長原は窓の外を眺めた。

マンション前にポルシェを付ける。


「今日は来てくれてありがとう」

「いや、押しかけて申し訳なかったね」


クスリと笑いながら、


「スーツ姿も良いけど、作業着姿は格好良かったわ」
「おやすみ」


そう言うと、山城の頬にキスをして下車していった。

















いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2017/06/26(月) 00:00:00|
  2. 余録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トラベラーズノート :第11章(10周年) | ホーム | デルタ ドルチェビータ ミディアム:第9章 7周年篇>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/1208-a957def9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター