銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

余録120 萬年筆奇譚 第4章 疑惑篇1節

リムジンが名取邸に到着すると、門が自動で開く。
大きな和風母屋の横を抜けて離れに停まる。


「後で食料を届けさせて」

「かしこまりました」


そう言い残して運転手はリムジンを母屋に向け走り去った。


「さあ、3人とも入って」


外観は和風の離れだが、内装は大理石が敷き詰められた高級洋式だった。


100畳は超えるであろう大きなリビングに通されると、
巨大なワインセラー。隣の冷蔵庫にはビール等がびっしり並べられていた。


「さぁ、上着なんか取って」


大下が声を出す。


「君は凄いなぁ」


口をずっと開きっぱなしていた水男が言う。


「凄いのは私じゃないわ。パパよ」


「なるほど。うちの企画開発の人間が君たちに熱を上げるのが分かった」


英子を物にしたなら、ラミー電気を手にできる。
技術者なら社の技術者も束ねられるだろうし、知識もある。
そう言いたかったが、水男は飲み込んだ。


「これからは英子と悦子と呼んで」


ワインセラーから白ワインを出しながら、悦子がささやく。

グラスに注ぎ、ワインを飲んでいると
女性達が食料と水を運び込んでくる。

英子は、食料をテーブルに並べさせると、
絶対にこの離れに近づくなと、きつく言う。

女性達は頭を下げ、山城達を見ることなく立ち去った。


「これで、邪魔は入らないわ。朝まで楽しみましょう」


最初は青臭い会話も、酒が回ってくると、
英子は本性を剥き出しにしてくる。

山城は英子を抱えるとリビング横の寝室にドアを蹴って入る。
水男はさらに奥の寝室に悦子の手を引いた。

英子がぐったりしてから山城はリビングに戻り、水を飲んでいると
悦子がよろよろ入ってくる。


英子とは異なりスリムでエキゾチックな顔は、
どこかプライドの高そうな雰囲気がする。
小ぶりな乳房が少し遠慮深い。

山城の体を見た悦子が挑んできた。


英子の寝ている横に悦子を放り出す。

悦子が狂ったような声を上げて気を失ったとき、
空は少し明るくなってきていた。

代わりに起き出し、山城の下腹部を見た英子は
両手を口に当て、目を大きく見開いて


「どうなっているの?」


と、つぶやき体を預けてくる。


それから何回か同時に相手をして、
二人は仰向けになり白い腹が上下する以外動かなくなった。
隣の部屋では水男が毛布を被って眠りこけている。

山城は身支度をすると離れを出て行った。


もう、昼を過ぎた渋谷は日差しがまぶしく、
まだ暑さが残っていた。


タクシーで帰宅した山城は、
シャワーを浴びラフなトレーナー姿でブラックコーヒーをカップに注ぎ
モレスキン紙片を見つめながら飲んだ。

ソファーに座っているうちに深い眠りについてしまう。






泳いでも泳いでも、黒い海の水が襲いかかり、
なかなか岸にたどり着けない・・・・・嫌な夢を見た。



どれくらい眠っただろうか。
携帯電話の着信で目を覚ます。
もう夜だった。


カスタム社長、並木からだった。


「どうだった?」

「参加者達の整理をしているところです」
「秘書の鵜飼さんが来ていました」

「うむ、特定の人物との接触はなかったかね?」

「はい、あれだけの美人ですから、多くの男性に囲まれていましたが」
「特に親しくと言うのはなかったですね」

「そうか・・・・・」
「次に出社した際、聞くとしよう」

「無精ひげが伸びてくるまでお待ちください」


並木は軽く笑って電話を切った。


















いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2017/05/22(月) 00:00:00|
  2. 余録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<fILOFAX ユニオンジャック A-5 :第2章 1年後 | ホーム | セーラー キングプロフィット:第14章 10周年篇>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/1207-cb5b5feb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター