銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

余録119 萬年筆奇譚 第3章 パーティーの女篇4節

「山城さん、おひとり?」


山城が視線を向けた先に、カスタム社 営業部の長原純子がワイングラスを持って立っていた。
営業で外回りをしているのか少し日に焼けていた。

山城はソファーから体を浮かせ、長原が座るスペースを作る。
山城に尻をぶつけるくらい近い距離に座ると、


「プロフィット社はイケメンばかりだけど、まだあなたのような美男子が居たのね」

「カスタム社も美人揃いで、目のやり場に困ります」


はにかんだ少年のような笑顔を作る。
演技ではないのだが、その笑顔に長原は少し身震いをした。


「せっかくあなたのように素敵な男性と出会ったのに」
「私は、来年の3月で退職するの」

「結婚するのですか?」

「いえ」


首を振ると綺麗な栗色の髪が揺れた。


「父が高齢で家業を継ぐの」

「そうなんですか。失礼でなければどのようなお仕事か・・・・・」

「小さな町工場で、プロフィット社の下請けをしていますの」

「うちの?」

「ええ、年内までに仕上げなければいけない試作があって大忙しです」

「試作って親会社がするものじゃないんですか?」

「今回は材料から手探りみたいなので共同で」

「一日でもお父様のお手伝いをしたいところですね」

「ですが父はこの件が片付いてから帰ってこいと」


話し込む二人を、企画開発の担当者達が気にかけている。
その姿を見た山城は、


「私は経理で現場というのを全く知りません」
「まして弊社の製品となると大いに関心があります」

「いつでもよろしくてよ。あなたなら大歓迎ですわ」


そう言って、バッグを開くとモレスキンとシャンパンゴールドの
パーカーインジェニュイティを
取り出し連絡先を記入しピッとちぎり山城に差し出した。


インジェニュイティ 141105okb01


モレスキンの紙片を眺めながら、


「近いうちにご連絡させてください」

「夜ならほとんど自宅に居ますので」


離れたところから営業部の同僚達が長原を手招きしている。
一礼をして、長原は立ち去った。
長原は、同僚達にどんな話をしていたのか執拗に聞かれる。


紙片を折って内ポケットにしまいながら、
突破口になるかも知れないとぼんやり考えた。


パーティーも佳境、参加者達は連絡先の交換を始めた。
谷口は総務の二人に捕まってヒソヒソ話している。
時折、名取が山城に絡みつくような視線を送る。


トイレを済ませて会場に戻ると、パーティーはお開きになろうとしていた。

鵜飼には近寄らないよう意識していたが、
気づいていないのか一度も話しかけてこなかった。
安堵と同時に少し寂しい気もした。
しかし・・・・なぜ、参加しないようなことを言ったのだろう。


会場を後にしてホテルのエントランスを歩いていると、
数人の女性従業員も山城の後をついてくる。

早めにタクシーを拾って・・・・と考えていると
目の前にひょっこり谷口が現れる。真っ赤な顔をして、両脇に名取と大下がいた。


「これから俺につきあえよ」

「いや、今日は疲れたタクシーで帰る」

「そう言わずに」

「これから私の家で飲み直さない?」


大きく胸の開いたドレスを揺らしながら名取が割り込む。
なるほど・・・・水男を取り込んだ訳か。

後ろをついてきていた女性職員達は嫉妬のまなざしを名取と大下にむけ、
山城を追い越していく。ラミー電気の令嬢では太刀打ちできないのだろう。

一刻も早く帰宅して今日のパーティーで観察した人の動きを整理したかったが、
懇願するような水男の視線を見ると、可哀想になってしまう。


「わかった、水男の顔を立てるよ」

「すまない」


ホテルを出ると、白いリムジンが横付けになって、ボーイが交通整理をしている。
もう一人はドアを開けて頭を下げ待っている。

名取はそんなボーイ達を見ることもなくズカズカ歩き、
山城達にリムジンに乗るよう促す。


男女4人を乗せてもまだ余裕のあるリムジンは、音もなく走り出し
六本木から名取の自宅、渋谷区松濤町に向かう。

名取はケリーバッグを放り出し、ドレスの上着を脱ぎ捨てる。
ノースリーブになったおかげで大きなバストがさらに強調される。

山城の横に座って胸をこすりつけてくる。
向けた顔は唇がめくれ上がり好色なものだった。






■■ PARKER パーカーインジェニュイティ スリム 万年筆でもボールペンでもローラーボールでもペンシルでもない第五の筆記具【INGENUITY DARING SLIM】

価格:15,120円
(2016/9/12 13:00時点)
感想(1件)











いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2017/04/24(月) 00:00:00|
  2. 余録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Pent〈ペント〉 コレクションボックス 8本用 エレガンテ ~Elegante~ | ホーム | uni JETSTREAM ピュアモルトインサイド: 第5章(5周年)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/1206-5cc5c91a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター