銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

余録118 萬年筆奇譚 第3章 パーティーの女篇3節

白山は喫茶店のトイレでネクタイを締め、支度を調えた。

支払いカウンターで、アイスコーヒー代を支払う。
ウエイターの目はエメラルドのネクタイピンに釘付けになっていた。


向かいのホテルまで道を横断する。


正面玄関に入ると、谷口がほっとした顔で駆け寄ってくる。

「山城、来てくれたんだね」

「参加すると言っただろう」

「それはわかっていても本当に来るかが不安で」
「お前!凄いネクタイピンだな。本物か?」

「あぁ、でも、そんなに高価じゃないよ」

「お前が時々わからなくなるよ」


受付では、氏名を記入して
透明の名札ケースを受け取る。
そこに名刺を差し込んで胸ポケットにクリップで止めるのだ。

受付カウンターには、カスタムコーポレーション営業部の女性達が座っていた。


「お名前をお願いします」

差し出された記帳用紙に、モンブランNo.149
90周年記念モデルを内ポケットから取り出し記入。

透明の名札ケースを受け取って、谷口に向かって、

「水男、どうして名刺なんだ?大きく名前を書けば良いじゃないか」

「ここがミソなんだよ。名刺の名前なんて小さい字だろう」
「相手の名前を知りたければ近寄らないとダメなんだ」

「さすが企画開発だ」


ホテルの会場を貸し切った立食風のパーティーになっており、
中央にテーブルが10ほど並んでいる。
テーブルの上には豪華な食事やオードブル。

部屋の端には大きなソファーがいくつも並べられていた。
所々に、うどんやローストビーフのコーナーも。

当初未だ馴れていないのでめいめいソファーに
男性、女性別れて座って話し込んでいた。


「全部で50人くらいか」

山城はつぶやいた。



会場のコーナーから、本日の幹事2名が挨拶をする。
乾杯の音頭は、谷口の紹介で、秘書課の鵜飼玲子が勤めた。

チョコレート色のパンツ姿だった。
いつもスカート姿なので新鮮な感じがする。


ウエイターが各テーブルにビール等を運んでくる。
最初はぎこちなかった参加者も酒も入って、次第に打ち解けていく。


皿に食べ物を取り、ビールを飲んでいると、
総務課の名取と大下が息を弾ませてやってきた。


「はじめまして、お名前をお教えください」

大下がしゃべり終わらないうちに、
名取は「私、名取と言いますよろしくね」

「大下です、はじめまして」


こいつら・・・・・気づいていない。


「山城晶夫です。よろしくお願いします」

ゆっくり一礼をする。


「今日は来る予定じゃなかったんですけど、欠員が出て」
「玲子に無理矢理連れてこられました。でも、よかったです」

大下は白いドレスをゆっくり揺らしながら語る。

「パーティーは初めてですか?今まで見かけませんでしたから」

名取も負けじと質問してくる。

「はい、水男・・・いや谷口幹事に誘われて」



その二人の後ろには、プロフィット企画開発軍団が
話しかけたそうにモジモジしていた。

谷口が気を利かせて、

「後ろにもイケメン達がおりますので」

山城から二人を引き離した。


「やっぱり、お前が一番モテている」
「女性職員達から山城の名前と部署の質問攻めだ」

グラスをあおり、少年のような顔で歯を見せ笑うと、
谷口ですら口をあんぐりと開けたままとなった。



薄暗いバーカウンターで、カスタム社長、並木の携帯電話が鳴る。
ウイスキーを口に運ぶのを止め、電話に出ると、
プロフィット社長、坂田匠だった。

「並木です」

「久しぶりだな坂田だ」

「今夜はパーティーでうちの女性職員がお世話になっています」

「うむ、紛れ込んだネズミが本格的に動き出した」

「そうですね、うちも猫を放します」

「あぁ、私も手を打ったところだ」

「ところで、新商品の開発具合はいかがですか?」


並木の横に座っている若い女はダンヒルをくわえ
デュポンのライターで火を付ける。
キーンという乾いた金属音を発し火は消された。

並木はちらりと女に視線を向ける。
女は火を付けたタバコを並木の口に持って行く。


タバコを口にくわえると、
右手に携帯を持ち直し、左手人差し指で
プロフィット社秘書 長沢の背中をすーっと撫でる。
長沢は背を反らし曇った声を出した。










いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2017/03/27(月) 00:00:00|
  2. 余録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<セーラー 万年筆コレクションケース 5本用(ホワイト):第2章(1周年) | ホーム | モンブラン マイスターシュテュック 149 14K :第8章(6周年)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/1205-a4862c7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター