銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

余録113 萬年筆奇譚 第1章 水先案内篇2節

社長室の大きな扉の前に立った白山は、
鵜飼に視線を送った後


「失礼いたします。白山です」

「おお、待っていたぞ入れ」

白山が入室するのを確認して、ドアを閉め、鵜飼は秘書室に戻る。


赤ワインをこぼしたような絨毯は、
靴を履いていてもわかるくらいにフカフカしていた。

ドアが閉まり一呼吸置いて社長の並木隼は話し出す。


「見事なダメ社員ぶりだな」

黒縁メガネを直しながら、「コレなら安心でしょ?」

「ああ、言うことはない。掛けてくれ」


デスクから立ち上がり、社長室中央のソファーセットに白山を誘う。
白山は並木が座った後ゆっくり座る。

ソファーから身を乗り出した並木は、小さな声で話し始めた。


「どうだ?プロフィットの様子は」

並木は、ライバル会社のプロフィットコーポレーションの
情報を白山に求めた。


「はい、プロフィットは新商品を開発、年内に試験段階に入る予定かと」

「その新商品・・・・・・・」

そう言うと並木は腕組みをして、背もたれにもたれかかる。

「我がカスタムコーポレーションが極秘開発しているものに近いんだな?」

「はい、そのように感じます」

「スパイか?」

「でしょう」




ふと並木は、大きな声を出す。


「白山君、コーヒーでも飲むかね?」

「鵜飼君居るか?」

「はい社長」


正面入り口横に設けられた、秘書室と社長室の専用ドアの向こうから声がする。
鵜飼はドアを開け社長室に落ち着いた様子で入ってくる。


「白山君にコーヒーを、私に紅茶をくれないか」

「かしこまりました」




程なくして、コーヒーと紅茶が鵜飼によって運ばれてくる。



「と、言うことでこんな勤務態度では、賞与は大幅に減額させるぞ」

「はぁ」

「少し叱りすぎた、一緒にどうだ?」
「ところで鵜飼君、確か今夜はプロフィットの男性社員とうちの女性社員のパーティーじゃなかったかね?」

しばらく時間をおいて、「そのように伺っています」

「で、鵜飼君は参加するのか?」

「いえ、私は・・・・・」

「そうか、下がって良いよ」


鵜飼は並木と白山に一礼をして部屋を後にした。



置かれたコーヒーには手も付けず、ソファーから落ちそうなくらい
前のめりになって並木の顔を見つめて小声で。


「パーティーですか?」


並木も白山に合わせるように動きながら、


「開発部にスパイが紛れるのは容易いことではない」
「しかし、開発部の人間に近寄る女性社員ならどうだ?」

「さぁ、女にうつつを抜かしてペラペラしゃべる開発部も開発部ですが」

「それを言うな」


並木はにやりと笑う。


「そこで今夜のパーティーに潜入してもらうぞ、女スパイをあぶり出せ!」

「わかりました」


社長室前で一礼をした白山は、
足早に廊下を歩きながら携帯電話を取り出す。


「水男?俺だ山城だ。今夜のパーティー急に行きたくなった」












いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2016/10/24(月) 00:00:00|
  2. 余録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トラベラーズノート 2017年 | ホーム | 銀狐の手帳術:第30章 夢手帳☆熊谷式 2017年版>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/1200-ea0d8a9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター