銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

余録111 FIAT 500 第2章

bg_head_middle.jpg





室内についてのインプレを。

インテリアも質感こそ高くはないが、日本車ではあまり使われないホワイトを使い、
ボディと同色のプラスチック板でダッシュボードをドレスアップするなど、「遊び心」を感じさせる。
室内空間もこのクラスでは優等生。


1つのメインメーターの中にスピード、レブカウンター。
そのほか時計やギア位置表示、燃費表示とあらゆるものをゴチャゴチャに詰め込んでいる。
メーターは外周がスピード、内周はレブと言うようになっており、
2メーター表示に慣れていると最初さっぱり状況を把握できない。



10384123_836029279752924_3472128218610223526_n.png



POPはシートカラーは赤(エンジっぽい)しかリリースされていない。
シートカラーは1.4ならチョイス幅も広がるのに・・・・廉価版は辛いぜ。

運転席、助手席のシートはと言うと、
若干バケット風にサポートも付いている。
しかし!体は包み込んでくれません。
幅も広いし高さもある。
大きめのシートなのに、体がはみ出る感じ。
(実際にははみ出ないのだけど)

「イタリア人はそんなに小柄なのか?」
「明らかに女性専用シートじゃないのか?」
と、文句を言いたくなる。
でも、これはカミさんの車だから、それで良いのだけど・・・・・・

このシートは正直嫌いだ。
でも、お尻と腰が痛くならない。
私の愛車、インスパイアは腰は痛くならないがお尻が痛くなる時がある。
(当時はインスパイアに乗っていた)

なんか、私の体にはフィットしないが、やさしいのだ。
不思議なシート。


そしてヒップポジションは高く、軽トラに乗っている感じ。
カーブを曲がる時はロールを大きく感じながら曲がっていく事になる。
カーブの遠心力はより体で味わえるシステムになっている。
車高は、1,515mmと高い。
幅が、1,625mmだから、正面から見ると角の取れた正方形の塊みたいだ。
これがキュートで愛くるしいスタイルの原因になっているのかも知れない。

サスもしっとりして良い感じではあるが、
車高を落として、少々硬めにしたいものだ。


リアシートは、国産のように欲張って5人乗りとせず4人乗りに徹したリアシートは大人でも不満なく乗れる・・・・
ここまで言うと誉めすぎか。
実際は大人2人だと2時間くらいが限界じゃないかな?
(※身長180cm男性の体験、女性なら苦にならないかも)


ホイールはPCD98mmと、軽四の100mmより小さい。
これが何を意味するかおわかりでしょう。
現在カーショップ等で販売されているホイールの98%は掃けません。
オプションのアルミか、スチール。
最近OZレーシングが、チンク用にホイールを作ったとか・・・・・


でも、その程度。

スタッドレスをお考えに人は是非ディーラーでホイール付きを
お求めになる事をお薦めする。
たしか、グッドイヤーとスチールホイールセットで販売していたから。

ウチはそんな事知らずに、タイヤ館でブリジストンのブリザック レボ gzを予約してしまっていた。
なんか、納車までのドタバタでグタグタの2ヶ月間(注文から納車)だった気がする。




備忘禄的に載せてみました。






いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2016/09/05(月) 00:00:00|
  2. 余録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<北欧の匠 4本挿しペンケース:第2章 | ホーム | BRIT HOUSE ブッテーロレザー バイブルサイズシステム手帳:第12章 (8周年)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/1195-c477c213
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター