銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

BRIT HOUSE ブッテーロレザー (THE ME)A7手帳カバー:第12章 (8周年)

購入当初、鮮やかな朱色っぽい赤だった手帳カバーも、
年季が入ってきて赤黒くなった。

コレも怪しい姿になりつつある。


今年はいつものデルフォニックスの
ウィークリーを買いそびれて、モレスキンのダイアリー。


THE ME A7手帳 8年後 (4) THE ME A7手帳 8年後 (6) THE ME A7手帳 8年後 (5)


まぁ、ぶ厚いこと。
それだけで、いっぱいだ。

この年末は早めに入手しなきゃ。



THE ME A7手帳 8年後 (1) THE ME A7手帳 8年後 (2) THE ME A7手帳 8年後 (3)



ブッテーロということもあって、
たまにブラシを掛ける以外、特に手入れはしていないが、
艶々して色っぽい。

やはり、ブッテーロに勝る革はない。(と思う)


綴じゴムがいよいよ緩くなってしまった。
修理に出すか・・・・悩む。






BRIT HOUSE(ブリットハウス)はここで手に入ります。






いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2016/07/25(月) 00:00:00|
  2. 手帳(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<余録110 FIAT 500 第1章 | ホーム | ダ・ヴィンチ A-5システム手帳 DSA170C:第11章(9年後)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/1189-cbde83f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター