銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

トラベラーズノート :第10章(9周年)

思い切った洗濯で、艶もなくなっていた手帳だったが、
気がつけば鈍く光り出してきた。


トラベラーズノート 9周年 (1) トラベラーズノート 9周年 (2) トラベラーズノート 9周年 (3)


革製品って不思議だ。

昨年後半からブログを休止していたこともあって、
トラベラーズノートを触る機会はこの1年少なかった。
(艶が出てきたことに気がつかなかったのも仕方ないか・・・・)


トラベラーズノート 9周年 (4) トラベラーズノート 9周年 (7)



あるサイトで見たが、このノートの印字も歴史があるらしい。
コレは発売当初の物なので、

MIDORI CO.LTD.
MADE IN THAILAND

と刻まれている。

よく知る人が見ればすぐにわかるようになってるみたいだ。


カバーの隅は削られて丸みを帯びて、
濃いチョコレート色も所々赤茶色になっている。
革本来の張りも少し無くなって来たような。
9年も使うとこうなってしまうか。

このブログのために買った手帳だ。
ブログを運営する以上はコレをずっと使いたい。
来年でブログも10周年になるんだなぁ。


トラベラーズノート 9周年 (5) トラベラーズノート 9周年 (6)



よくここまで続けてきたものだ。






トラベラーズノートはこちらで。









いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。 





  1. 2016/07/11(月) 00:00:00|
  2. 手帳(トラベラーズノート)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ダ・ヴィンチ A-5システム手帳 DSA170C:第11章(9年後) | ホーム | fILOFAX ユニオンジャック A-5 :第1章>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/1187-f5bd2776
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター