銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

ゼブラ ハードGペン

安倍総理が「クールジャパン」の一つに挙げているのが、
アニメ等のカルチャー文化。

オタクと呼ばれた文化は、
日本の大人たちより先に、世界中の若者からの支持を集めた。

そしてアニメはその原作である漫画へと目を向けられることになる。
ごくごく自然の流れとして。

海外ではその国の言葉に訳された漫画が所狭しと販売されていて、
それを読んだ若者の人生さえも変えようとしている。


「キャプテン翼」を、愛読してサッカーを始めたW杯代表だったり。


改めて「漫画」の持つ力を感じるところだ。
漫画の神様、手塚治虫氏の功績は大きい。



ハードGペン viewimg


ゼブラ㈱は、漫画家の強い要望で作られた、
従来より細い線が自在に描けるつけペン『ハードGペン』を8月24日から発売した。

「つけペン」(ペン先)は、先端にインクを付けながら描く昔ながらの筆記具で、
現代では主に漫画やイラストを描くのに使われています。

その中でも「Gペン」は、筆圧によって線の太細を表現出来ますが、
その力加減が難しく、特に筆圧の強い漫画家には
細い線を描くために力をセーブすることが大変だという不満がありました。

『ハードGペン』は、従来の「Gペン」より力を加えても
ペン先が開きにくい形を新開発することで、
筆圧に負けず細い線が描きやすくなりました。

1、筆圧の強い人が力を入れて描いても、ペン先が開きすぎず細い線が引けます。
力をセーブしないで描けるので、長時間描くプロの漫画家でもストレスを感じにくくなりました。

2、線の太細を表現するのに力加減がしやすいので、
熟練した技術がない漫画の初心者でも扱いやすく、最初の1本におすすめです。

3、表面にゴルフクラブ等で使用されるボロンメッキを施すことで、
従来品の約2倍の耐久性があります。鋭利な先端が磨耗しにくく、
細く均一な線を長い間描くことができます。

「ハードGペン」は、同社のペン先課がのべ1000人の漫画家やイラストレーターからヒアリングし、
その多くから出た要望を約4年かけて開発した商品です。
試作品を使っていただいた漫画家の多くから、高い評価を得ている。




Gペンの名前の由来には諸説あり、

・A-pen.からZ-pen.のうちGペンが現在も生産されている説
・日本に輸入した時にGが刻印されていたことから来た説。
・Glus(接着)やGlass(ガラス)といった何かの頭文字説などがある。


私も高校時代美術部に所属していて、
Gペンで色々画を描いたものだ。

当時、ガリガリ描くので「ガリペン」頭文字を取って「Gペン」
だとばかり、ずっと信じていた(笑)

インクを買うお金がなく、書道の墨汁を使っていたなぁ~。
(お恥ずかしい)



こうした文化を支えてくれるメーカーがあることも嬉しいじゃないか。







いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。






  1. 2015/09/17(木) 00:00:00|
  2. ペン(万年筆)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<イスの後ろのカバン置き | ホーム | コクヨS&T Pat-mi>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/1168-fd126948
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター