銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

SIWA クラッチバッグ

生成りの紙袋に買い物した食材を入れて歩くお姉さん。
その紙袋から長いバゲットが伸びている。しかも2本が格好いい。

昔、そんな買い物風景の外国(フランスだったのかなぁ)に、
なにか憧れのような羨ましいような。
不思議な感覚を抱いたことがあった。


それから生成りの紙袋は、格好いい代名詞。
皺になってクタクタになるがそれも含めて格好いい。


まさにそんな感覚を持った人に朗報!
「SIWA クラッチバッグ」の登場。

サイズは3つ。

書籍のハードカバーが入る最も汎用性の高いミディアム。
A4ファイルはもちろん、大型書籍も収納できるラージサイズ。
そして形状を横長に、マチを薄くして脇に抱えやすくしたワイドサイズ。



SIWA クラッチバッグ 2365_27



ミディアムサイズ


SIWA クラッチバッグ 2365_38


縦型のデザインで、サイズは高さが約25センチ、横幅は20センチ。
ハードカバーの書籍がすっぽりと入る大きさです。

手帳や本を入れて、お仕事用の入れ物として。
さらに水筒やお弁当を持ち運こぶためのランチバッグとして。
なにかと便利に使える大きさがこのミディアムサイズです。




ワイドサイズ


SIWA クラッチバッグ 2365_40


「SIWA クラッチバッグ」のシリーズで2014年の新しいモデルとして追加されたのが、
このワイドサイズ。他の「クラッチバッグ」の縦型の形状とは違い、
横長のデザインにすることで、持ち歩きの時に脇に抱えやすいようにしました。
縦型のものと違って、持ち歩きしやすいのが大きな特徴です。

マチ幅は7センチ、同じ「SIWA クラッチバッグ」の2種類の約半分と、とてもスリムにしました。
そのため、例えばハンドバックとしてのご利用も可能です。


スリムなバッグですが、たっぷり収納が魅力です。
身の回りの小物類はもちろん、最大サイズはA4の書類や書籍、iPadの収納も可能です。
他の「SIWA クラッチバッグ」同様、お仕事からカジュアルまで幅広くお使いいただける、
用途を問わない物入れとしてとても便利です。




ラージサイズ

SIWA クラッチバッグ 2365_36



こちらは、最大サイズの「ラージサイズ」。
基本の形状は「ミディアムサイズ」と同じ縦型で、その容量は2倍。
少し大きめの書類入れとして便利な大きさで、A4サイズの書類やファイルはもちろん、
「AXIS」などの大型雑誌もきちんと収納できる大きさです。
マチ幅は8センチあって、A4サイズの500枚入りコピー用紙の束、1巻も入る大きさです。

最大マチ幅は13センチあって、たっぷり容量が魅力です。
大きめのトートバッグなどを使われている方なら、
書類用の分類袋としてご利用いただくと便利でしょう。


昔あこがれたツール。
丈夫な和紙になって現れた。



クラッチバッグ_L /SIWA|紙和 【クラッチ】【カジュアルバック】【軽量バック】(和紙メーカー【大直】と工業デザイナー【深沢直人氏】がつくったアイテム)【05P06May15】

価格:4,104円
(2015/5/7 13:48時点)
感想(1件)





クラッチバッグ_wide / SIWA|紙和 【クラッチ】【カジュアルバック】【軽量バック】(和紙メーカー【大直】と工業デザイナー【深沢直人氏】がつくったアイテム)【05P06May15】

価格:3,780円
(2015/5/7 13:49時点)
感想(1件)






クラッチバッグ_M /SIWA|紙和 【クラッチ】【カジュアルバック】【軽量バック】(和紙メーカー【大直】と工業デザイナー【深沢直人氏】がつくったアイテム)【05P06May15】

価格:3,024円
(2015/5/7 13:49時点)
感想(0件)










いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2015/05/25(月) 00:00:00|
  2. 文具雑品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<LAMY 2000 TAXUS :第4章(9周年) | ホーム | セーラー キングプロフィット:第14章 8周年篇>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/1132-4fa72d40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター