銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

モンブラン マイスターシュテュック 奇跡の一本松

奇跡の一本松 1175x595_JP_MiraclePineTree_2 奇跡の一本松 1600x1067_150120_montblanc-02_S_retouch



「奇跡の一本松」万年筆きょう発売 復興の希望を後世に

SankeiBiz 2015/3/11 08:15


奇跡の一本松

画像

岩手県陸前高田市の「奇跡の一本松」=2012年3月11日



 東日本大震災から4年を迎える11日、高級筆記具ブランドのモンブランが、
震災の津波に耐えて残った岩手県陸前高田市の
「奇跡の一本松」を素材にした数量限定の万年筆を発売する。
復興の希望を後世に-。被災地の願いを背負ったプロジェクトは試行錯誤を重ね、
世代を超えて受け継がれる逸品へと結実した。
.

 発売される万年筆は「マイスターシュテュック 奇跡の一本松」。
一本松の枝を軸とキャップの素材に使用。価格は48万1000円(税別)で、
「3.11」にちなみ113本を製作、1本は市に寄贈される。
同社は113本分の売り上げの20%に当たる金額を市などに寄付する。
開発のきっかけは、被災地からのメールだった。
.

 「奇跡の一本松を使って特別な万年筆が作れますか?」。
2012年9月11日、モンブランのマーケティング担当、浅葉裕子さんは
ホームページに寄せられた一通のメールに目がくぎ付けとなった。「『一本松』って、あの一本松?」
.

 差出人は、陸前高田市で市政アドバイザーを務める村上清さん。
村上さんは、国連難民高等弁務官事務所などでの経験を生かし、
復興支援のNPO法人(特定非営利活動法人)を設立。

津波で倒れた松材を使ったキーホルダーなどを製作してきた。
そこに飛び込んできたのが、一本松が枯死したとの知らせ。
市は一本松をモニュメントとして保存すると決めたが、
保存の過程で松材の一部が活用されずに残った。
.

 「“歴史の証人”を生かさなければ」。市長から相談を受けた村上さんは熟慮の末、
子孫代々に受け継がれる万年筆として一本松を再生する案を思いつく。
依頼する企業はモンブランしかなかった。
メールを受けた浅葉さんも「ぜひ関わりたい」と、上司に掛け合って開発が始まった。
.

 柔らかい松材、しかも津波の塩分が含まれる素材とあって製品化は難航を極めた。
太めの枝は万年筆に必要な強度を満たさないことが判明、
製造本数を当初から大幅に減らしたほか、
仕上げの塗装も強度との兼ね合いでぎりぎりの調整を余儀なくされた。




 一本松が「復興の象徴」という特殊性も、開発チームにデリケートな判断を迫った。
一部の材料は黒ずんだ木目が痛々しく「高級万年筆として耐えうるかという議論もあった」(浅葉さん)ほか、
当初は価格設定も素材の品質を調整し、限定商品としては廉価にしてはとの案もあった。

だが開発チームが出した答えは「一本松が形を変えて存在し続けることを最優先」(村上さん)。
黒ずんだ木目はデザインに生かし、素材が高価でも
「所有者が代々受け継ぎたいと思える品質」(浅葉さん)にこだわった。
発売公表の2月25日以降、同社には多くの購入予約や問い合わせが寄せられている。
.

 震災から4年。復興に向けて歩んできた市民の心が折れそうになる時期でもある。
「だから被災地には、前進していると実感できるトピックが必要」と村上さん。
生まれ変わった一本松が、再び市民の力となることを願っている。



SankeiBizより。



陸前高田市 戸羽市長からのメッセージ


岩手県陸前高田市の高田松原には約7万本の松が生い茂り、
美しい海岸線は多くの人々に四季を通して愛されていました。

1本を残しすべての松が2011年3月11日の東日本大震災で流されてしまいましたが、
唯一耐え残ったのが「奇跡の一本松」です。
その後、震災直後から復興のシンボルとして親しまれてきた一本松は
モニュメントとして保存整備されることになりました。

この万年筆に使用されている松は、
その「奇跡の一本松」のモニュメントに使用されなかった枝の部分から
加工されたものであることをここに証明いたします。

猛烈な津波に耐え抜いた「奇跡の一本松」が、
筆記具として生き続けることを嬉しく思うとともに、
ご購入によりいただいた寄付とご厚意はしっかりと
復興の役に立てさせていただくことをお約束いたします。


陸前高田市長





48万1000円(税別)とは、恐れ入った。
しかしモンブランの限定万年筆と、寄付という点を考慮すると、
安価なのかも知れない。
(私は買えませんが・・・・・)


しかし・・・・日本の万年筆メーカーでなかったところが惜しい。





モンブラン 万年筆 マイスターシュテュック 149 ブラック【高級万年筆】【メーカー保証付・送料無料・名入れサービス・ラッピング無料】「ブランド」【ペンハウス楽天市場店】 (99000)

価格:88,957円
(2016/3/24 10:35時点)
感想(0件)







モンブラン 万年筆 マイスターシュテュック ル・グラン 146 ブラック【高級万年筆】【メーカー保証付・送料無料・名入れサービス・ラッピング無料】「ブランド」【ペンハウス楽天市場店】 (74000)

価格:66,493円
(2016/3/24 10:36時点)
感想(1件)







中古モンブラン





いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。






  1. 2015/03/12(木) 00:00:00|
  2. MONTBLANC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マーナ キーボードブラシ | ホーム | RHODIA No12 :第2章>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/1116-52c4d10d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター