銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

モンブラン マイスターシュテュック 149 14K :第7章(4周年)

昨年まで、「色彩雫」山葡萄を使っていたが、
モンブランインク、トゥフィー・ブラウンに変更した。
山葡萄は、18Kバイカラーに使っている。


モンブラン マイスターシュテュック 149 14K 4周年 (1) モンブラン マイスターシュテュック 149 14K 4周年 (2) モンブラン マイスターシュテュック 149 14K 4周年 (3)


ペン先、バイカラー部分の白(ロジウム)部分が少し剥離して
下地のゴールドが出てきている。
使用には全く影響ないが、少し残念な気分。
まぁ、仕方ないか。


モンブラン マイスターシュテュック 149 14K 4周年 (4) モンブラン マイスターシュテュック 149 14K 4周年 (5) モンブラン マイスターシュテュック 149 14K 4周年 (6)


モンブラン マイスターシュテュック 149 14K 4周年 (7) モンブラン マイスターシュテュック 149 14K 4周年 (8)


このブラウンを使うと、ペン自体が優しくなったと錯覚する。
インクの色で表情が変わるものなのだ。
もちろん書き手の心境にも変化が現れる。
No.149(所有している)の中で一番柔らかく感じるペン先なので、
このインクは合っているのかも知れない。


モンブラン マイスターシュテュック 149 14K 4周年 (9) モンブラン マイスターシュテュック 149 14K 4周年 (10) モンブラン マイスターシュテュック 149 14K 4周年 (11)



万年筆の特徴の一つだろうか?
それとも書き手の心理変化なのか。


モンブラン マイスターシュテュック 149 14K 4周年 (12) モンブラン マイスターシュテュック 149 14K 4周年 (13)


なんにせよ、奥の深い筆記具だ。


この、14Kバイカラーは、水曜日のペン。
主に水曜日はこのペンで筆記している。

ちなみに、
月曜日:No.149 18Kトリコロール。
火曜日:No.149 18Kバイカラー。
水曜日:No.149 14Kバイカラー。
木曜日:No.149 14Cバイカラー。
金曜日:No.146 14K。
土曜日:セーラーキングプロフィット。
日曜日:DELTAドルチェビータ。


会議や勉強会、日記まで
その曜日はそればかりと決めて使っている。

意外とおもしろい。

本音を言えば平日はすべてNo.149に揃えたいものだが
もう、万年筆はここらで打ち止めにしたいと思っている。


格好いいことを言ってみても、
シェーファー 万年筆のアンティークになるだろうか、
トライアンフニブのかっこよさに惹かれているのも事実。


でもやっぱり、もういいかな?







モンブラン 万年筆 マイスターシュテュック 149 ブラック【高級万年筆】【メーカー保証付・送料無料・名入れサービス・ラッピング無料】「ブランド」【ペンハウス楽天市場店】 (99000)

価格:88,957円
(2016/3/24 10:35時点)
感想(0件)







モンブラン 万年筆 マイスターシュテュック ル・グラン 146 ブラック【高級万年筆】【メーカー保証付・送料無料・名入れサービス・ラッピング無料】「ブランド」【ペンハウス楽天市場店】 (74000)

価格:66,493円
(2016/3/24 10:36時点)
感想(1件)







中古モンブラン




いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2015/03/05(木) 00:00:00|
  2. MONTBLANC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<RHODIA No12 :第2章 | ホーム | グリップ彫刻刀SA サクラクレパス >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/1110-f3611b28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター