銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

スリップオン ブッテーロ IDケース:第3章(4周年)

IDケースも4年が経った。


srip-on IDケース 4年後 (1) srip-on IDケース 4年後 (2)



相変わらず傷が多い。
理由は・・・・・不明だ。
特に硬いものにヒットさせている記憶もないし。
外して放り投げるようなこともしない。

不思議だ。


srip-on IDケース 4年後 (3) srip-on IDケース 4年後 (4) srip-on IDケース 4年後 (5)



購入当初に比べると、色合いがやや濃くなった気がする。
ネックストラップは、直接頸部に触れるため、
汗や皮脂により黒っぽくなっている。

薄いながらもカッチリと造られたそれは変形することもなく、
購入当時の形状を保ている。



透明のプラケースは、よれたり白っぽくなってくると、
とたんに貧相に見えるから、ケースを使っていると新しいうちに交換する必要もある。
たまに、よれよれの磨りガラスのようになった
ケースを使っている営業君が来ることがある。


企業名や氏名がよく見えない。
それではせっかくの営業も、もったいないことになりそうだ。

と、言って革製のケースを使えという意ではないのだけどね。






スリップオン ブッテーロ IDケースは、こちらで。










いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。







  1. 2014/12/15(月) 00:00:00|
  2. 文具雑品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<余録105 愛機INSPIRE | ホーム | ファーバー・カステル バリオL: 第2章(8周年)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/1089-a20961c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター