銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

ダイアリー手帳

LIHIT LAB.は、背幅8ミリの超薄型なのに中のリーフの交換ができる「ダイアリー手帳」(4色、税抜800円)を
9月19日から全国の文具取扱店で新発売する。



背幅8mmの超薄型なのに中のリーフの交換ができる「ダイアリー手帳」を
9月19日より全国の文具取扱店で発売いたします。初年度販売目標は3万冊です。

ダイアリー手帳 D7270img1


背幅8mm!

ダイアリー手帳比較

サイズ参考:スマホ


スマホやタブレットなどデジタル機器を活用する時代ですが、スケジュール管理は
「やっぱりアナログな手帳が使いやすい」という方が増えて現在の手帳市場は年々伸びています。

手帳市場の中でも中のリーフが固定されている薄型手帳は、胸ポケットに入るコンパクトサイズが人気で、
毎年同じ薄型手帳を購入される方が多く、現在でもロングセラー商品として販売されています。

ただ、この薄型手帳をお使いの方は新しい手帳へ切り替える時に
知人のアドレスや必要事項等を書き移すという手間が生じてしまいますが、
今回発売致しますリーフの差し替えが出来る「ダイアリー手帳」は、
固定式の薄型手帳とほぼ変わらない背幅8mmにして、
薄型手帳愛好者の不満の1つとされている新しい手帳への書き写しが必要なリーフの差し替えだけで解消できます。

「ダイアリー手帳」は不透明の黒と、透明の赤、黄、青の4色展開です。


ダイアリー手帳 D7270 胸ポケット ダイアリー手帳リーフ




〈特長〉
• 背幅8mmの超薄型なのに、とじ具が開いてリーフの交換ができる
• 手帳の中には年間カレンダー・ダイアリーリーフ一式(2014年12月~2016年1月)・
 メモ・アドレス・横罫のリーフと年齢早見表をセット
• ダイアリーリーフは見開き1ヶ月の横罫タイプ
• 表紙にはとじ具が当たる位置に穴が開いていて、中央部を押し込むと表紙が不用意に開かないようにロックできる。



ダイアリー手帳 あけるとき1 ダイアリー手帳 閉じる時


品 番 品 名 価 格(+消費税) 規 格 縦×横×背幅m/m
D7270 ダイアリー手帳 1冊800円(+消費税) S・16穴 143×94×8
D7380-15 スケジュールリーフ 1組400円(+諸費税) S・16穴 138×80

色:3赤・5黄・8青・24黒

 材質:表紙/ポリプロピレン、とじ具/ポリカーボネート、リーフ/上質紙
 ※リーフ:年間カレンダー・ダイアリーリーフ一式(2014年12月~2016年1月)・メモ・アドレス・横罫・年齢早見表
 ※ノートブックS〈専用リーフ〉のD7310~D7370も利用可能
 ※専用リーフの収容枚数:40枚(D7310Tのみ38枚)


LIHIT LAB.HPより。



簡単に言えば、システム手帳ではなくルーズリーフに近い感じのバインダー手帳。
これでシステム手帳のようにダイアリー機能を持たせようというものか。

つまりは、ファイル用具メーカーがダイアリーに参入したと言うこと。
では、このリフィル。ワンサード規格の物か。
そうなると、このダイアリーはノートと同規格。
つまり、ノートとダイアリーを持ち歩かなくても、これ1冊でノートとダイアリー・・・・
と、言うことだ。

実に面白い。

良いところに目を付けたものだ。

とことんリングノートの規格でぶれることなく、やってほしいものだ。
途中で辞められても、合う規格のファイルがないので・・・・・。



そういう私は、ダイアリーに合わせてノートをシステム手帳にしているのだから・・・・・
試験的に買ってみようかな?
全部がひっくり返ってしまうかも。




いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2014/09/29(月) 00:00:00|
  2. 手帳(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<愛機更新:第1章 | ホーム | LAMY 2000 pencil: 第2章(8周年)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/1067-373cda26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター