銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

1/3(ワンサード)インチピッチシリーズ

ワンサードインチピッチシリーズ 470652028


LIHIT LAB.は、ツイストリング・ノートを始め、リングノート保存用ファイルやバインダー等、
一般的なダブルリングノートのリーフと同じ穴間隔8.47mm商品を総称した
「1/3(ワンサード)インチピッチシリーズ」を拡充。

今まで出来なかった一般的なダブルリングノートのリーフの編集・保存が簡単に出来るようになった。



 360°折り返して使えるリングノートは、省スペースでもコンパクトに使えるので市場でも人気のノート。
リングノートの中でも1つの穴に2本の針金が通ったダブルリングノートが主流。



ワンサードインチピッチシリーズ 1647068921



 同社は2009年にダブルリングノートのフォルムはそのままに、
リングが開いてリーフの交換ができる「ツイストリング・ノート」を発売。
2013年には多くの顧客からの要望を受けて、
中のリーフが保存出来るリングノート保存用ファイルも発売した。


 さらにダブルリングノートのリングが簡単に分解できる「リングノート用リムーバー」を発売することで、
今まで出来なかったダブルリングノートのリーフの編集・保存が可能になった。


 また2014年には、同じ穴間隔の「プレゼン資料製本用多穴パンチ」と「ツイストリング製本用とじ具・表紙」を発売し、
ダブルリングノートと同じ仕様のオリジナル資料が簡単に作成できるようになった。

 一般的なダブルリングノートのほとんどが国際標準8.47mmピッチであり、
8.47mmは1インチの1/3になることから、

この度、ノートやファイル、パンチ等の互換性のある商品を1/3(ワンサード)インチピッチシリーズ」と総称し、
対象商品に順次、シリーズのロゴマークを貼付する。


 また1/3(ワンサード)インチピッチシリーズパンフレットを店頭に設置。
一般的なダブルリングノートの横には関連商品を陳列して「一般的なダブルリングノートのリーフも取り外しが出来て、
リーフの編集が簡単に出来る」ということをユーザー告知する。




インチ表示とは・・・・・アメリカの拳銃みたいだ。
38口径、45口径なんて言うのはその現れ。


たとえば38口径の場合、銃身の内径は0.38インチだ。
1インチは2.54センチメートルなのでミリに直すと9.652ミリ・・・・

だいたい9ミリ拳銃と同じだ。

ミリ表示をするのはおおむね欧州。


私が自衛隊時代に使っていたのは、7.62ミリ。
今はNATO弾も変わって、5.56ミリを採用している。


豊和工業の造る、 64式7.62ミリ(自動)小銃。
1964年に自衛隊が制式採用した戦後初の純国産自動小銃。
「自衛隊の主力火器は国産で」との声を受け急ピッチで開発。

命中精度は、減装薬の効果もあってなかなか良かったが、
パーツが多く演習に行くときは、部品が脱落しないように、
黒のビニールテープ(絶縁テープ)で巻いていたものだ。

多分だが、目隠しをしても銃の分解結合は、
現役時代のまま出来る気がする。(いや、もう忘れているか・・・・)



豊和工業 89式5.56mm小銃はその後継機種。突撃銃だ。

単発、連発、は64式にもあったが「3点バースト」が加わった。
つまりは単連射。タタンと、2~3発を連射させる打ち方。

64時代は切り替え金を「連発」にして、引き金を素早く離して
2発ずつ打ったものだ。


どうでもいいけど、この豊和工業・・・・・ぼったくりなんだよな。
ま、大量生産しないから仕方ないか。

おっと、話が脱線してしまった。




個人的には、ルーズリーフのJIS規格。
A5/20穴、B5/26穴に合わせて欲しかったものだ。
(リングノートは、A5/24穴、B5/29穴)



【リヒトラブ/LIHIT LAB】ツイストリングノート アクアドロップス A5サイズ N-1658

価格:272円
(2014/5/21 14:07時点)
感想(45件)





リヒト Avanti ツイストリング・ノート(ワイド・B5横罫) 青 N1603-8【☆】【お取り寄せ:A】【メール便不可】【HLS_DU】

価格:413円
(2014/5/21 14:08時点)
感想(1件)





【メール便発送】 リングノート用リムーバー

価格:216円
(2014/5/21 14:10時点)
感想(1件)







いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2014/06/09(月) 00:00:00|
  2. 手帳(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<モンブラン マイスターシュテュック 146:第6章 4周年篇 | ホーム | 神戸に「文具Bar」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/1036-df80416c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター