銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

ぺんてる オレンズ 0.2mm

0.2mmなのに芯が折れない!? 「芯を出さずに書く」シャープペンシル


orenz main_588x


ぺんてるは1月8日、シャープペンシル「orenz(オレンズ)」を発表した。
発売は1月27日で、価格は500円(税別)。

芯が減るのに合わせて先端パイプがスライドし、
芯が出ていない状態で筆記する「オレンズシステム」が特徴だ。
これにより、パイプが常に芯をサポートしている状態で筆記することになるため、
芯径0.2mmでありながら、芯が折れにくくなっているという。



orenz sub1_400x300

芯が出ていない状態にして書く。
芯が減るのに合わせて、パイプがスライドする仕組みだ



さらに、パイプ先端の摩擦を低減することで、
従来のシャープペンシル同様の書き心地を実現しているとのこと。
カラバリは、ブラック、イエロー、ピンク、スカイブルー、ホワイトの5色。


orenz sub2_400x170

シャーペンの芯を保護するようにパイプがスライドするので、0.2mmの芯でも折れにくい。
パイプが短くなってきたらノックする




なおオレンズの発売にともない、
シャープペンシル替芯「シュタイン」シリーズに「芯径0.2」が新たにラインナップに追加された。
価格は200円(税別)。



orenz sub3_400x231

「シュタイン」シリーズにも「芯径0.2」が追加される





グラフペンシル 02mm 

昔あった0.2mmシャープペンシルの復活だ。
0.2mmと言えば、同社のグラフペンシルなんかは有名だ。


残念ながら、いつの間にかカタログ落ちして
製造もされていなかったんだが。



この芯を出さずに書くシステムは、過去にも採用されていたと思う。
確か、ファーバーカステルじゃなかったろうか・・・・。
(0.2mmm以外でも採用されていたと思う)

このシステムは、ペンを寝かせるとパイプが紙の上を走ることになり、
嫌な書き味になってしまう。

ペンを立て気味にしなければならなく、私の中では不評。


パイプ先端の摩擦抵抗がどれほど減って書き味に貢献しているか・・・・
楽しみなペンシルだ。




ぺんてる【オレンズ】シャープペンシル(0.2mm芯径)【楽ギフ_のし宛書】

価格:420円
(2014/2/10 08:43時点)
感想(0件)






ぺんてるシュタイン0.2mm替芯(10本入)【楽ギフ_のし宛書】

価格:168円
(2014/2/10 08:44時点)
感想(0件)









いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2014/02/17(月) 00:00:00|
  2. ペン(ペンシル)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<モンブラン マイスターシュテュック 149 14C 開高モデル(自称) :第7章 3周年篇 | ホーム | 「超」整理手帳カバー(スリップ・オン):第7章(6年後)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/1005-9e991e5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター