銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

しばらく・・・・・

親が体調を崩しまして、
少しの間、お休みを頂きます。
落ち着きましたらまた復活しますので、
よろしくお願いします。
  1. 2009/03/25(水) 00:00:00|
  2. 挨拶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゼブラ SARASA 4

パイロットのHi-TEC-C、ぺんてるのエナージェル等々。
各メーカー様々な水性ボールペン(ゲルインキ含む)をリリースしている。
ゼブラはSARASAだ。

sarasa4

sarasa4 (1)

実は職場に出入りしている製薬会社からたびたび頂くことがある。
今でこそ細字、極細が流行ってはいるが、通常の0.7mmサイズでは
このSARASAの書き味は他を寄せ付けないのではないかと個人的に思っている。
(私の好みと解釈していただいて良い)
このSARASAの3色はよく知っていた(使ってもいる)が、4色(+緑)は知らなかった。
様々なカラーの水性ボールペン(マルチ)があるが、ちょっと前までは
黒、赤、青しかなかったと記憶している。
これは、パイロットのHi-TEC-Cのお陰かも知れない。

sarasa4 (2)

コーンタイプのペン先は極細ニードルポイントのそれとは異なり、
少々筆圧が強くても、曲がってしまいそうな不安もなくあまり神経質になる必要もない。
それ故ガシガシと少々乱暴に書くには0.7mm以上の太さがないと
心理的に難しいかも知れないと、個人的に(勝手に)定義付けている。

sarasa4 (3) sarasa4 (4)

リフィルの寿命はやや短いが書き味と、多少乱暴に書いても不安のないペン先は
丁寧に筆記する余裕のない時にこそ絶対的な安心感を与えてくれる。


ゼブラ商品はこちらで。








いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。




  1. 2009/03/23(月) 00:00:00|
  2. ペン(水性ペン)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

uni JETSTREAM 3色ボールペン Fシリーズ (ベリーストライプ)

滑らかな書き味と濃い色のジェットストリームだが、システム手帳等に
記入するには私にはちょっと太い。
普通筆記するのには、0.7mmは全く問題ないのだが・・・・・

そのためシステム手帳には0.5mmのボールペンやHi-TEC-Cを愛用している。

そこで、ジェットストリームの3色(黒、赤、青)しかも、0.5mmの極細を購入する。
通常0.5mmの販売とは言っても黒は多いが、赤や青まで0.5mmというのは非常に少ない。
全色極細仕様というのはメモ魔にとって本当にありがたい品なのだ。
しかもそれが、ジェットストリームで滑らかとくればまさに鬼に金棒だ。

さまざまなカラーがリリースされており、女性ユーザーを意識したような感がある。
私はその中でも派手な多色ストライプのベリーストライプをチョイスした。
このモデルにはもう一つ、0.5mmペンシルも装備された
2(黒、赤)+1も同カラーで用意されている。

jetstream3極細

jetstream3極細 (1) jetstream3極細 (2)

同部分を回転させると各色が出てくるロータリー方式で、ペン自体が非常に軽い。
軽いペンに軽い書き味・・・・変に力が入ってしまい要らん書き癖になりそうな気も。
とにかく0.5mmでこの滑らかさは・・・「今までのボールペンはいったい何だったんだ?」
と、言いたくなる。
このロータリーにカッチリ感がなく、ややプアな所もある。
リフィルが引っ込んでしまうと言うことはないのだが、
感覚的に不安な要素ではある。

jetstream3極細 (3)

ボールチップが小さいこともあって、ややペンを立てて書かなければいけないが、
0.5mmの極細でもまさにジェットストリームだ。


JETSTREAMはこちらで






いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。




  1. 2009/03/20(金) 00:00:00|
  2. ペン(マルチペン)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モレスキンvolant (Xsmallサイズ)

モレスキンがリリースする3サイズノートブック。「volant」
その中でXsmallサイズのA7サイズ ルールドノートを紹介する。
しかも2冊セット!

モレスキン volant モレスキン volant (1)

今A7サイズの手帳が人気だからだろうか?
モレスキンもXsmallサイズの手帳を送り出してきた。
表紙はソフトタイプを採用し、ブラック、ブルー、グリーン、ピンクの4色。
色合いの異なる同系色が2冊セットでパッケージされている。(黒のみ2冊同色)
全ページ切り離し可能なようにミシン目が入っている。

モレスキン volant (2) モレスキン volant (3)

1冊は54ページ(27枚)で非常に薄い。
色により記入する内容を分け複数携帯するも良し。
見しっっめにより通常のメモ使用も出来る。守備範囲はかなり広い。

モレスキン volant (4) モレスキン volant (5)

54ページのノートにしてこの表紙はしっかりとしており
ノートを使い切らぬうちに表紙がくたびれてしまう事はないだろう。
「最後まで気持ちよく使える」
さすがモレスキン。伝統の堅牢さの上に、明るいカラー等、
新しいことも取り入れている。



モレスキン手帳はこちらから。






いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。




  1. 2009/03/18(水) 00:00:00|
  2. 手帳(MOLESKINE)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター