銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

デルタ ドルチェビータ ミディアム:第10章 8周年篇

一度もペン先の調整することなく使い続けて8年。
インクフローは変わらず潤沢だ。


デルタ ドルチェビータ ミディアム 8周年 (1) デルタ ドルチェビータ ミディアム 8周年 (9)



鮮やかなオレンジは、いつも華やかな気持ちにさせてくれる。
パイロットインキ色彩雫 「冬柿」も、残り少なくなり、

コンバータで吸い上げることが出来なくなったため、
カートリッジに変更して、シリンジから補充している。
2ヶ月くらいでなくなってしまうだろう。


デルタ ドルチェビータ ミディアム 8周年 (5) デルタ ドルチェビータ ミディアム 8周年 (6)



ちょうどペン先の洗浄時期になるので、
インクを神戸インク物語 「第63集 東遊園地トーチオレンジ」に
変更することになるはずだ。


デルタ ドルチェビータ ミディアム 8周年 (7) デルタ ドルチェビータ ミディアム 8周年 (8)


個人的な印象だが、パイロットのインキはフローが良い感じ。
セーラーベースのインクに替えるとどうなるかも楽しみだ。
(多分変わらないのだろう)


万年筆のインクを替える時は、
いつもワクワクする。
オレンジ系で大きく変わりはしないのだが・・・・


デルタ ドルチェビータ ミディアム 8周年 (2) デルタ ドルチェビータ ミディアム 8周年 (3) デルタ ドルチェビータ ミディアム 8周年 (4)



このドルチェビータは、ゴールド。
その金飾りも少しくすんでしまっている。
洗浄すると綺麗に復活するとは聞いているが、
超音波も持ち合わせていないし、変にブラシで擦りまくるのも
気が引けてしまう。

磨きすぎて金メッキが剥がれるのも怖いし・・・・・

うまく輝きを取り戻す方法はないだろうか。






【色彩雫ミニ3色プレゼント】DELTA×NAGASAWA Since 1882 万年筆 デルタ ドルチェビータ スリム バーメイル ブルー (ナガサワオリジナル万年筆)

価格:81,000円
(2018/6/12 10:17時点)
感想(0件)








いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。






  1. 2018/07/02(月) 00:00:00|
  2. ペン(万年筆)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セーラー キングプロフィット:第15章 11周年篇

先日、TVを観ていると、銀座のナンバー1に近いホステスが出ていた。
なぜナンバー1に近いかというと、番組ではナンバー1だと紹介していたが、
本人曰く、私より売り上げが良い人は2人居ると。
(ナンバー3なのかも知れないが謙遜もあるだろうから・・・・・近いという表現で)


一人で年間2億円以上もの売り上げを出して、
給料はその半分をもらっているという。


何とも浮き世離れした話だが、
来店した客に手紙を書いているという。
夜中に帰宅して、朝から便箋に万年筆でしたためていた。
こういう努力が彼女を人気ホステスにしているのだ。


若い女性だが、こういうときは手紙なのだなと感心した。


しかも、握られていたのは、キングプロフィット。


何となく観ていたが、万年筆が映ると身を乗り出してしまう(笑)
白の縦書きの便箋に美しい文字を並べていた。

少しペン先を捻った癖のある書き方ではあったものの
明るい色に染めた長い髪を上に束ねて姿勢良く書いていた。


やや大きい文字で、のびのび書くにはキングプロフィットは最適だろう。
女性の手にはやや大きく太いかも知れないが。



良いものを観させてもらった。


11年間使ってきた私のキングはと言うと、

一時フローが悪かったが、
何度かクリーニングをしてインクフローも良くなってきた。

今は、神戸インク「三宮パンセ」を充填している。
華やかな紫が美しく、書いていて楽しくなるインクだ。


会議や勉強会ではモンブランは出撃しているが、
日記や心がまったりとした時には、キング以外にない。
気持ちを優しくさせてくれる万年筆。





セーラー 万年筆 キングプロフィットST 11-6001【送料無料】【名入れ無料】(60000)

価格:45,360円
(2018/4/23 15:55時点)
感想(0件)








いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。







  1. 2018/05/14(月) 00:00:00|
  2. ペン(万年筆)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プラチナ万年筆 プレピークリスタル

プラチナ万年筆、低価格万年筆「プレピー」にインク色を愉しむ透明ボディ登場。


プラチナ万年筆 プレピークリスタル PSQC-400_02


プラチナ万年筆では、低価格万年筆のさきがけとして
2007年から発売している「プレピー」にインク色を愉しむ
全身透明ボディ「プレピークリスタル」(各税抜400円)を発売する。


 近年、店頭には万年筆用インクが数多くラインナップされ、
インクの色を愉しむ人が増えている。

ユーザーから「自分で選んだインク色を、外観からも愉しみたい」との要望があり、
インクの色に影響を与えない全て透明の低価格万年筆「プレピー」を新たに開発した。


 これまでの「プレピー」同様に、ピカピカに磨かれた
ステンレス材で磨耗に強い特殊合金ポイント付のペン先は、
この価格帯の万年筆では最高の品質を誇る。

キャップを締めた状態で、カートリッジインクを差し込んだまま
1年経ってもインクが乾かない「スリップシール機構」を搭載。

いつでもさらっと書き出すことができるのでストレスを感じさせない。
「プレピークリスタル」は万年筆の楽しみ方をさらに広げる1本となっている。



プラチナ万年筆 プレピークリスタル new_preppy_img



もちろん、従来の200円、300円のモデルも健在。
廉価モデルにプラチナ万年筆の代名詞「スリップシール機構」を
搭載させるところが良い。


車では、高級車種にしか搭載しない装備。
搭載できてもオプションだったり。
メーカー内で差別化が生じるケースは多い。

そんなに技術を出し惜しみするほどなのか?と言いたくなる。

(どこのメーカーかは伏せておくが・・・・)


1本に1色の色鉛筆感覚でインクの色を楽しめる。
文字ではなく、絵画も良いかもしれない。

万年筆画。
このブームの火付け役は、プラチナ万年筆 プレピークリスタルだ。
そう言われる日が近いうちに訪れそうだ。





プラチナ萬年筆【プレピー クリスタル】プレピー万年筆(ペン先:0.3mm細字)(ブルーブラック色)

価格:432円
(2018/4/12 11:25時点)
感想(0件)









いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。







  1. 2018/05/07(月) 00:00:00|
  2. ペン(万年筆)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パイロット グランセ


パイロットコーポレーションは、1994年に発売し、
以降20年以上もの間ロングセラーとして販売した、
万年筆/ボールペン/シャープペンシル「グランセ」をリニューアルし、
3月10日から発売した。


パイロット グランセ 778676613



 「グランセ」は、1994年の発売以来、
細身のボディに本格派の書き味の万年筆を中心に、
高級筆記具シリーズとして人気を博した。

今回、新たに金ペン(税抜:12,000円)と特殊合金ペン(税抜:8,000円)の万年筆を発売し、
油性ボールペン、シャープペンシル(ともに税抜:7,000円)と合わせて幅広いラインナップで展開する。

特殊合金ペンの万年筆は、
過去の限定色でも人気を博したサクラ、スズラン、ブルースターと定番のブラックのボディカラー4色を揃えた。
金ペンの万年筆と油性ボールペン、シャープペンシルは、
光の当たり方で色が異なって見える偏光パール塗装を施した
パールピンク、パールブルー、パールホワイトの3色。
シャープペンシルでは、残芯1mmまで書ける「先端チャック式」を採用した。

製品名の「グランセ」は、「優雅な」「高貴な」という意味合いを込めた造語。


グランセの大きさとしては、モンブランNo.146より少し小ぶり。
金ペンで1万2千円は戦略的価格。
合金ペンより、金ペンに誘導している感がある。


パイロットコーポレーションと言えば、カスタムシリーズが本流。
そこに歴史のあるグランセが存在する。


万年筆入門としてはやや高価ではあるが、
社会人がスーツのポケットに忍ばせるには、
ピッタリの万年筆になるかもしれない。


この時期のリニューアルは新社会人にターゲットを
絞ってのことなのであろうと推察している。

確かキャップも勘合式と記憶している。
勘合式で金ペン。

営業先での使い勝手も良さそうな気がする。


ともあれロングセラーのシリーズがリニューアル。
嬉しいニュースだ。



【特売商品】 PILOT(パイロット) グランセ 万年筆 FG-1MR 名入れ・送料無料セット

価格:8,078円
(2018/3/19 09:51時点)
感想(0件)





パイロット ゲルインキボールペン グランセ ブラック LG-7SR-B【送料無料】【名入れ無料】(7000)

価格:5,443円
(2018/3/19 09:51時点)
感想(0件)







いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。







  1. 2018/04/02(月) 00:00:00|
  2. ペン(万年筆)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター