銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

モンブラン マイスターシュテュック 149 18K :第15章 9周年篇

モンブラン マイスターシュテュック 149 18K 9周年 (1) モンブラン マイスターシュテュック 149 18K 9周年 (8) モンブラン マイスターシュテュック 149 18K 9周年 (2)



購入してすぐに、ペン&メッセージで調整をしてもらい、
以降、書き癖に追随するペン先。

9年が経過する。


モンブラン マイスターシュテュック 149 18K 9周年 (5) モンブラン マイスターシュテュック 149 18K 9周年 (6) モンブラン マイスターシュテュック 149 18K 9周年 (7)



多少は自分がエイジングした部分はあるのかしら?
全く変わらない書き心地とインクフロー。

ガチガチのペン先に弱い筆圧。
多分、エイジングはされていないと思う。





これと90周年モデルは、ガチガチのモデル。
しかし、紙の情報がビリビリ人差し指に伝わる。
(M字の90周年は情報がややマイルド)
この情報によって、才媛はこの紙が好き、嫌いと判断できる。

所有しているNo.149の中で一番物を言う才媛。


ノートやペーパーを購入する際の
参考にさせてもらっている。


万年筆を始めた頃、紙について考えることは少なかった。
万年筆→インク→紙・・・・・・・こんな感じか。

万年筆が歓ぶ紙。
書いていて気持ちいい紙。
同じのような気がする。

万年筆に特化した紙というのは凄いと感じた。


話が逸れてしまった。



モンブラン マイスターシュテュック 149 18K 9周年 (2) モンブラン マイスターシュテュック 149 18K 9周年 (3) モンブラン マイスターシュテュック 149 18K 9周年 (4)



金・銀・金のトリコロールは、やはり豪華。
バイカラーのクールさとは異なる。

華があって、退屈な会議が楽しくなる。
ちんぷんかんぷんな勉強会が理解できた気になる。

また、放射線機器の使用前点検を毎日行うのだが、
その、チェックシートへの記入も、この才媛が担っている。

お陰でインクの消費量は半端ない。
開高モデルにパイロットインキのブルーブラックを使用していて、
なかなかの相性なので、今のミステリ-ブラックがなくなったら、
パイロットインキの黒も良いかな?
と、考えてはいる。


でも、ミステリーブラックは綺麗なんだよね。
無くなってから悩むとしよう。







モンブラン 万年筆 マイスターシュテュック 149 ブラック【高級万年筆】【メーカー保証付・送料無料・名入れサービス・ラッピング無料】「ブランド」【ペンハウス楽天市場店】 (99000)

価格:88,957円
(2016/3/24 10:35時点)
感想(0件)







モンブラン 万年筆 マイスターシュテュック ル・グラン 146 ブラック【高級万年筆】【メーカー保証付・送料無料・名入れサービス・ラッピング無料】「ブランド」【ペンハウス楽天市場店】 (74000)

価格:66,493円
(2016/3/24 10:36時点)
感想(1件)







中古モンブラン




いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2017/08/21(月) 00:00:00|
  2. MONTBLANC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モンブラン マイスターシュテュック 146:第8章 7周年

7年経った今も「三宮パンセ」を充填している。

インクがなくなって、替えようかと考えても、
結局ナガサワ文具店で、購入してきてしまう。


モンブラン マイスターシュテュック 146 7周年 (1) モンブラン マイスターシュテュック 146 7周年 (2)



ところが、今年に入ってインクを変更した。
どういった心境の変化・・・・・

実は、このNo.146をシステム手帳の
ペンホルダーに挿して持ち歩いている。

ニブもそんなに太くないし、
大きさも携帯には充分。


なにより、手帳にテーブル万年筆ではなく、
No.146で記入したい時がある。

まだ、胸ポケットに挿して、
他のボールペンとガチャガチャぶつけるほど、
根性はないので手帳に。


三宮パンセは、No.149 18K バイカラーのみとなった。



モンブラン マイスターシュテュック 146 7周年 (3) モンブラン マイスターシュテュック 146 7周年 (4)


No.146は、手帳に筆記しても
周囲のインクに馴染むよう、
フェルメールブルー。

パイロットのブルーとは全く異なる青ではあるが、
パッと見た時違和感がない。


システム手帳には、黒、青、赤、オレンジ、緑、
そしてグレーのインクをそれぞれ充填したテーブル万年筆。

それらのカラーには、しっかりと役割がある。

No.146には役割がない。
何でも自由に記入できるようにしている。

思ったことや直接仕事に関係しないようなこと。
何でも書いている。
意外にこの内容が重要になってくることもある。
(だろうと思う)


モンブラン マイスターシュテュック 146 7周年 (5)




あこがれのシステム手帳にモンブラン。
ついに実現。



モンブラン 万年筆 マイスターシュテュック 149 ブラック【高級万年筆】【メーカー保証付・送料無料・名入れサービス・ラッピング無料】「ブランド」【ペンハウス楽天市場店】 (99000)

価格:88,957円
(2016/3/24 10:35時点)
感想(0件)







モンブラン 万年筆 マイスターシュテュック ル・グラン 146 ブラック【高級万年筆】【メーカー保証付・送料無料・名入れサービス・ラッピング無料】「ブランド」【ペンハウス楽天市場店】 (74000)

価格:66,493円
(2016/3/24 10:36時点)
感想(1件)







中古モンブラン




いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2017/06/12(月) 00:00:00|
  2. MONTBLANC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モンブラン マイスターシュテュック 149 90年記念モデル: 第4章(1周年)

ピンクゴールドで、可愛い出で立ちながら、
才媛の中で最も硬いペン先の90周年モデル。

とびっきりの美人が可愛い服を着ているも、
半端ないほど強気で勝ち気。


モンブラン マイスターシュテュック 149 90周年記念 1周年 (1) モンブラン マイスターシュテュック 149 90周年記念 1周年 (2)



同じ、No.149 18K トリコロールは、
クールな顔立ちから、硬くても
まぁまぁ、こんな感じでしょ。と言えるが、

可愛いカラーにこの硬さは・・・・・
おとなしい女性と結婚してみたら、
この女がとんでもなくキツかった。みたいな。


モンブラン マイスターシュテュック 149 90周年記念 1周年 (3) モンブラン マイスターシュテュック 149 90周年記念 1周年 (4) モンブラン マイスターシュテュック 149 90周年記念 1周年 (5)


でも、好きよ。
ドSの匂いがプンプンしそうな。
同類には分かる気がする。

そのうち手名付けてみせる。


モンブラン マイスターシュテュック 149 90周年記念 1周年 (6) モンブラン マイスターシュテュック 149 90周年記念 1周年 (7)



そんな、才媛にはモンブランの
ロイヤルブルーを充填して使用している。

M字から流れ出すインクは、
フローも良く、ガツンガツンと指先に
振動を伝えながら、滑る・・・いや跳ねていく。

ヌラヌラという表現ではない。
なんとも頼もしいペン先だ。





モンブラン 万年筆 マイスターシュテュック 149 ブラック【高級万年筆】【メーカー保証付・送料無料・名入れサービス・ラッピング無料】「ブランド」【ペンハウス楽天市場店】 (99000)

価格:88,957円
(2016/3/24 10:35時点)
感想(0件)







モンブラン 万年筆 マイスターシュテュック ル・グラン 146 ブラック【高級万年筆】【メーカー保証付・送料無料・名入れサービス・ラッピング無料】「ブランド」【ペンハウス楽天市場店】 (74000)

価格:66,493円
(2016/3/24 10:36時点)
感想(1件)







中古モンブラン






いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2017/04/10(月) 00:00:00|
  2. MONTBLANC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モンブラン マイスターシュテュック 149 14K :第8章(6周年)

モンブランインク、トゥフィー・ブラウンは、無くなってしまい、
Kobe INK物語 特別限定色「ターナーカフェ」を
この万年筆に使用している。


ターナーカフェ


同系のブラウンで、インクを替えた!という感じはない。

やや粘りのある、柔らかいペン先に
似合うカラーで、心穏やかに書ける。

セーラーのジェントルインクとの相性も良いのか、
フローも良く、ヌラヌラ気持ちよく紙の上を滑っていく。
右手人差し指が喜ぶ。


モンブラン マイスターシュテュック 149 14K 6周年 (1)



同じNo.49でも、それぞれ性格が異なるようだ。
もちろん、個体差もある。
だから万年筆は深くておもしろい。


モンブラン マイスターシュテュック 149 14K 6周年 (2) モンブラン マイスターシュテュック 149 14K 6周年 (3)



ペン先のロジウムのハゲも
これ以上広がる気配は見せていない。


モンブラン マイスターシュテュック 149 14K 6周年 (4) モンブラン マイスターシュテュック 149 14K 6周年 (5)


インクを吸引する際、
「クニュ」っと腰砕けな感触はあるが、
めいっぱいピストンを引き上げず、
柔らかく捻って引き上げている。


モンブラン マイスターシュテュック 149 14K 6周年 (6) モンブラン マイスターシュテュック 149 14K 6周年 (7)


このまま丁寧に扱えば、
ずっと使用できるような気がしている。

古い(アンティークではない)ペンだ。
修理で新品の部品に置き換わることは出来るだけ避けたい。

ペン芯にも味が出てきている。

オリジナルが一番!






モンブラン 万年筆 マイスターシュテュック 149 ブラック【高級万年筆】【メーカー保証付・送料無料・名入れサービス・ラッピング無料】「ブランド」【ペンハウス楽天市場店】 (99000)

価格:88,957円
(2016/3/24 10:35時点)
感想(0件)







モンブラン 万年筆 マイスターシュテュック ル・グラン 146 ブラック【高級万年筆】【メーカー保証付・送料無料・名入れサービス・ラッピング無料】「ブランド」【ペンハウス楽天市場店】 (74000)

価格:66,493円
(2016/3/24 10:36時点)
感想(1件)







中古モンブラン




いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2017/03/20(月) 00:00:00|
  2. MONTBLANC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター