銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

プラチナ万年筆 リビエール

100均ダイソーで販売している万年筆。

本来、「リビエール」は1970年代に製造されていた
モデルと同一名称。

ステンレスボディーのシルバー。
18Kホワイトゴールドのペン先という、
なかなかの高級モデルだ。


何も同じ名前を持ってこなくても・・・・・
と、惜しい気がしている。



100均万年筆 (1) 100均万年筆 (2) 100均万年筆 (3)



こちらは、アイボリーのプラスチック。
ストレートボディーで、形状はアンティークな感じ。
軸部には200の文字がプリントされているので、
本来は200円のものかも知れない。

キャップは勘合式。
パチンと閉まる感触も良い。

クリップもプラスチック製で厚めのポケットに
挿す場合、破損に気をつけた方が良い。

ペン先は、スチールで
大きくPの文字が彫られている。


100均万年筆 (6) 100均万年筆 (4)


丁寧なことにインクカートリッジも1本付属している。
100均でこれはかなり太っ腹だ。
確か3本入りのインクカートリッジが100均に置いてある。


100均万年筆 (7) 100均万年筆 (5)




さっそく取り出してインクカートリッジを挿して・・・・・
まぁ、なかなか文字が書けない。

数日経って、やっと書けるようになったが、
何ともフローが悪い。



所詮こんなものか。
と、放置しておいた。


1週間ほどして、なにげに書いてみると
スラスラと気持ちよく書ける。

ペン先は硬くガチガチの部類ではあるが、
カリカリはしていない。
シュミットのペン先よりヌメリ感があって、
おもしろい書き味だ。
(個人的には好き)


インクはペン先まで到達するのに時間が掛かりすぎたが、
初期動作だけだろう。


この100均万年筆と、モレスキンの100均バージョン
ダイスキンの組み合わせは最強なんだろう。




いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2016/06/20(月) 00:00:00|
  2. 100均商品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

100均クリップ

先日100円ショップでクリップを発見する。
普通のゼムクリップではなく、動物の形に曲げられたもの。


100均クリップ 2 (1) 100均クリップ 2 (6)



ケースに収められているのではなく、
1枚の台紙に挟まれて売られている。

動物も1種類ではなく、16種類。しかも4色で。
「アニマルクリップ」と銘打たれて・・・・

これは、MIDORIが得意として販売していたクリップを
パク・・・いや、参考にしたものだ。

ダイスキンといい・・・・後出しジャンケンの強みなのか。
しかし、MIDORIが少々気の毒にもなる。
一生懸命アイデアを出して練って、商品化して。
たまったものじゃない。


100均クリップ 2 (3) 100均クリップ 2 (5) 100均クリップ 2 (4)



「良い物は真似される・・・・」
そう思うしかないか。少々複雑な気持ち。



いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2013/09/09(月) 00:00:00|
  2. 100均商品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サンノート ルーズリーフ リフィル

勉強を真剣に始めてからというもの、
かみさんを連れてどこかに行くというようなことが全くなくなってしまった。


週末に休みが重なるのは月にして2日あれば良い方。



3月に院長から「受けてみない?」と勧められて、
夕食時に話すと「頑張ってみれば」と言われた。

「なかなか難しいようで合格率は毎年30%程度らしいわ」

「30%も合格してるやん!いけるって!」


(オマエ・・・・どれだけポジティブ?)



まあ、そういう自分も壁が高いほどワクワクするんだけど・・・・




そういうことで、9月の試験までは恐らくどこにも連れて行けない。
もちろんそれに対しては文句一つ言わない。


さすがだ!


その代わり友人達と旅行に行ったりコンサートに行ったり。
俺一人家にポツンと留守番しながら勉強。
(これって・・・・どうなん?)


そうか!勉強の邪魔にならないように一人にしてくれているんだ。
な~るほど!(俺もポジティブなので)


先日友人と買い物に出かけて「買ってきた」と机に持ってきた。
A4サイズのルーズリーフ。

ちょうど使っていたルーズリーフが切れたので補充しないと。
と思っていたところだった。


サンノート ルーズリーフ (1) サンノート ルーズリーフ (2) サンノート ルーズリーフ (3)



どこかで見たロゴが・・・・・
これは、100均のメモ帳「サンノート」のロゴ。

「へ~サンノートってルーズリーフまで作っているのか」
妙な所で感心してしまった。


サンノート ルーズリーフ (4) サンノート ルーズリーフ (5)



真っ白ではなくアイボリーっぽい色合い。
紙は薄く鉛筆では書きやすい。

万年筆は・・・・残念ながら滲みがひどい。
また、紙繊維がペン先に噛みこむ。

ペンシル専用で使用するか。



確か、友人と買い物をして食事がどうとか・・・・・
で、俺に100均のルーズリーフって寂しすぎやしないか?
他に土産があるとか。







いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2013/08/26(月) 00:00:00|
  2. 100均商品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダイスキン :第2章(新色追加)

先日、ダイソーで大量に保護してきた。
しかも新色が。
まぁ、本家も最近新色を続々リリースして、
昔のように、モレスキン=黒い手帳という図式は崩壊しつつある。


ダイスキンで追加されたのはオレンジバージョンだ。
よく見ると、カラーの手帳はバンドが少し変わった。
ラメが入って昔のお父さんの腹巻きのような・・・・

このマイナーチェンジは・・・・どう?
どうせなら手帳と同色のバンドで良いのに。
(まんまモレスキンになってしまうか)


daiskine (1) daiskine (3) daiskine (2)
(マイナーチェンジ前の手帳)


daiskine追加 (3) daiskine追加 (4)
(マイナーチェンジ後 赤い手帳のバンドが違う)


このたびは赤、オレンジを含んで13冊の大人買い。太っ腹!
こんなに手帳を目の前にするとリッチな気持ちになってしまう。


daiskine追加 (1) daiskine追加 (2) daiskine追加 (5)


でも、モレスキン1冊を購入するよりお安い。
なんと幸せなことか。



昔、文具店が改装工事前の処分セールというのに遭遇して
モレスキンが1冊350円で販売されていたので、5冊ほど買ったことがあるが。


モレスキンを定価で13冊大人買いは・・・・無理だな。(小市民なので)
大人買いではなくセレブ買いになってしまうわ。


貧乏根性で、高いモレスキンをチマチマ使ってもおもしろくない。
1冊105円だ!ダイナミックに使ってみよう。

万年筆で筆記してもにじみや裏写りが少なく、
もはや100均のクオリティーではない。



これは良い買い物になると思う。





いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2013/06/13(木) 00:00:00|
  2. 100均商品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター