銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

余録129 萬年筆奇譚 第7章 反撃篇2節 と あとがき

匿名のマスコミ各社へのリークで一気に色めきだつ。
裏付けに取材部隊を編成する社も現れた。


谷口のボイスレコーダーが決め手となり、
谷口および白山の事故について警視庁は捜査本部を立ち上げた。


プロフィット、カスタム両社の使途不明金。
有力政治家との癒着には、特捜部が乗り出す。


連日の報道により、両社の株価が暴落、底値を記録する。


満を持して、センチュリー社が吸収合併のナイトとして参上した。



両社長以下主たる経営幹部は更迭され、人事は一新され、
新商品開発も、本社が基本開発して下請けに発注するという正常なものに戻された。


カスタム社を退職した長原純子は、父と職員一同で町工場を切り盛りしている。
もちろん親会社は、センチュリー社だ。





旧カスタム社に、新社長が赴任。
センチュリー社から送り込まれたのだ。


正面玄関に、漆黒のポルシェ911 カレラが滑り込む。
先遣隊で地ならしをしたセンチュリー社員が走って迎えに出る。

鍵を若い社員に渡す。


新役員、幹部がエントランスで待っていた。


「若、お待ちしていました」

「社長と言え」

「すみません慣れなくて」

「俺もだ」

新社長は、役員達の顔を見て大きく笑った。




大きな柱から新社長を覗きこむ女性職員…名取だ。

ヒィッ!と声を上げる。


「や、やま…山城さ…?」





旧プロフィット社にも新社長が赴任。


「社長、全職員に対する講話の日程はいかがいたしましょう」


社長は、ソファに深く座り、
タイトスカートから伸びる型のいい脚を組みファイロファックスを広げて日程を考える。



「そうね、早く行ないたいわね」
「みんな吸収で不安を抱えているだろうから」

「できれば、若、いや旧カスタム社とは同日にしたいのよね」


「調整致しましょうか?」


「あなた、旧カスタムの秘書だったわね」


一瞬間を置いて


「いえ、直接調整するわ」
「ありがとうね」


「分かりました」


一礼して、秘書課長は背を向けた。


「あ、鵜飼さん、ごめんなさい」
「コーヒーをお願い。ブラックで」

「かしこまりました」


鵜飼は、優しい笑顔で答えた。










おわりに。


万年筆奇譚と言うことで、それぞれ万年筆に関連する企業、人物に登場して頂きました。




白山は白い山ということで、モンブラン
鵜飼は鵜でペリカン。
水男はその通り、ウオーターマン。
並木はパイロット社でカスタム。
坂田はセーラー社のプロフィット。
秘書の長沢はナガサワ文具店。
最後に現れる企業は、プラチナ社のセンチュリー。
プロフィット社下請けは、長原名人。

と、まぁ、色々勝手に登場させてしまいました。

他にも、ラミー電気等。




主役、白山の元になっているのは、
尊敬する大藪春彦先生の「汚れた英雄」北野晶夫です。

男のバイブルとして親しまれている作品を、
勝手にいじくり申し訳ありません。



本当は性的描写はもっともっと多かったのですが、
一応文具ブログと言うことで、話の内容がつながる程度に
そぎ落とさせて頂きました。


月に1話ずつ。2年近く連載しました。

飽きもせず稚拙な文章にお付き合い頂きましてありがとうございました。


























いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2018/02/26(月) 00:00:00|
  2. 余録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

余録128 萬年筆奇譚 第7章 反撃篇1節

久しぶりの休日、白山峰夫は、メルセデスベンツSLKを操縦して中央道を走っていた。


ブルーのジーンズに白いコットンシャツ。
真っ赤なドライビングシューズを履いている。


快晴の高速道路は、ルーフを取り去りオープンで走ると気持ちが良い。


サービスエリアから、白山のメルセデスを追うように
2台のトレーラーが滑り出す。

共にナンバープレートは外され、架空の運送会社の社名までコンテナにプリントされている。
恐らく、車台ナンバーは削り取られており、トラック自体の身元もわからないように処理されているのだろう。



トンネルにさしかかる1㎞手前から緩やかに渋滞が始まる。


白山のメルセデスと前方車両の間に割り込むようにウインカーをあげ
トレーラーが割り込んできた。

舌打ちをうちながらもハザードを点灯いて礼を言うトレーラーに
これ以上文句も付けられない。


少しブレーキを踏んで車両間隔を維持させる。

渋滞は少し解消され車速も増していく。
追い越し車線に出てトレーラーを追い越したかったが、
渋滞解消直後とあって追い越し車線にも車が詰まっていた。
まして、トンネル内の車線変更は禁止。


仕方なく、流れに沿って走行。

電光掲示板に、工事による車線規制が表示されていた。
走行車線側を走るより他はなかった。


メルセデスの後方にも、トレーラーが追い越し車線から割り込んできた。
ハザードを点灯いて、礼を言っている。


トンネル内、かなり前方から急停車を知らせるハザードが各車点灯させている。


白山もハザードを点滅させ、停車できる状態に持ち込み、
ふと前方トレーラーを見ると、ナンバープレートは外され、
ブレーキランプも外されているのか点灯もしない。

とっさにルームミラーを確認すると、ハイビームでトレーラーが迫る。
目前は渋滞というのにスピードを上げて来る。



ハンドルを右いっぱいに切りながら、サイドブレーキを引き上げ、
リアタイヤをロックさせテールをわずかにスライドさせた後、
サイドブレーキを解放。アクセルを吹かせる。
メルセデスのレヴカウンターはエンストを起こしたように一瞬ストールした後、
息を吹き返し一気に跳ね上がり、リアタイヤは派手にホイールスピンをする。


そのままテールをスライドさせて右工事車線側にハンドルを切って脱出を試みた。
もうすぐメルセデスの鼻が車線を超えようするとき、1台の車が鼻を押さえてきた。

「なぜ、工事車線に?」


真っ白の日産GT-R。ヘッドライトを点灯させ、猛然とメルセデスの行く手を阻む。


運転席に座る女と目が合った。


鵜飼玲子だった。
可愛い笑みを浮かべ、優しい目をしていた。


メルセデスの後方に居たトレーラーはブレーキを踏むことなく
メルセデスと前方トレーラーにぶつかっていく。

即死した白山峰夫をエンジンルームからガソリンに引火した炎が包んでいく。



メルセデスを挟んで停車した2台の運転手は、トラックを捨てて逃げる。
周囲には高速道路の監視カメラも設置されないエリア。

まして火災でほとんどが消失されている。



事故の模様は、当日夕方のトップニュースでテレビを賑わした。





数日後、バーのボックス席に男女4名が座って酒を飲んでいた。

カスタム社長の並木の隣には、プロフィット社の長沢。
プロフィット社長坂田の隣には、カスタム社の鵜飼。


「ネズミは無事に駆除できましたな」


坂田がウォッカをあおると、並木はニヤリと笑い、
長沢の肩を抱き、


「結局アイツは?」

「いえ、方々手を尽くしてみたのですが」


鵜飼は表情を変えずに報告する。


「誰かの差し金には違いないのだろう」


天井を見上げた坂田は含み笑いを浮かべて、


「うちとオタクを疑心暗鬼にさせて疲弊させたかったという所か」
「わざと調査させて尻尾を出すのを待ったんだ」


「愚かな男です」


長沢はダンヒルに火を点けながらつぶやく。


「ま、正体が分からないのは気持ち悪いが」
「証拠は残っていない」


並木は話を続ける。


「鵜飼君、アイツの味はどうだったかね?」


長沢も興味のある顔で鵜飼をのぞき込む。


「えぇ、はっきり言わせて貰って、とても良かったです」
「しばらくは白山ロスに悩まされますわ」




4人は大きく笑った。














いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2018/01/22(月) 00:00:00|
  2. 余録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

余録127 萬年筆奇譚 第6章 襲撃篇2節

すぐにタクシーを飛ばして、谷口の実家に急ぐ。

36歳の水男にしては、年老いた感じの母が、泣きはらした目で
駆けつけた山城に、何度も頭を下げ礼を言う。

秘書の長沢に、


「なにがあったんだ?」

「高速道路でトラックに挟まれた追突事故で・・・・・・」


その後、言葉なく泣き崩れる。


「交通事故なのか・・・・・」
「その割には綺麗な顔をしている」


綺麗にリーゼントにセットされた水男の顔を撫でながらつぶやく。

谷口の葬儀は、秘書課長沢が先頭に立ち手際よく進められる。
弔問客には、プロフィット社長、カスタム社長自ら参列していった。







プロフィット社に出社している、山城に長沢から電話が入る。


「社長がお呼びです」





社長室に通された山城は社長と対面する。


「谷口君は残念なことをした」
「交通事故とは・・・・・本人も無念だろうな」

「本当に無念でしょう」

「ご遺族に出来ることがあれば言ってくれ」

「かしこまりました」


言葉少なく、社長室を出る。

秘書の長沢が、「気を落とさないで」と肩を抱いてくる。


「君・・・・何か知っているね?」

「なんのことでしょう?」

「いや、悪かった。忘れてくれ」


そう言って廊下を歩く山城の厳しい目。
その背中を刺すように見つめる長沢。







フェラーリを買うと言っていた悦子だったが、
山城の希望により、アルファロメオ・ジュリアに決定。
もちろん赤だった。




最上位のクアドリフォリオ(Quadrifoglio)。

●エンジン:V型6気筒 2.9L+ツインターボ(フェラーリチューン)
●トランスミッション:ツインクラッチ / 6速マニュアル
●最高出力 / トルク:510ps / 61.2kgm
●駆動方式:FR(4WDも用意される予定)
●前後重量配分:50:50
●乾燥重量:1524kg
●パワー・ウェイト・レシオ:2.99
●最高速度:307km/h
●0-100km/h:3.9秒
●サスペンション:フロントは新開発ダブルウィッシュボーン、リアはマルチリンクサスペンション
●ブレーキシステム:アルミニウム/カーボンセラミック
●プロペラシャフト、ボンネット、ルーフ、シート(スパルコ製)にカーボン、
 ドア、エンジン、サスペンションなどにアルミニウムを採用し軽量化
●テクノロジー:アクティブエアロスプリッター、アクティブトルクベクタリング等
●D.N.A.システム:Dynamic、Natural、Advanced、Efficient、Racingの4つの走行モード



先日日本で正式販売がされたばかりのモデルだ。



フェラーリのようなスポーツタイプの車を希望していた
悦子は未だフェラーリに未練を残していた。

「なんか・・・・セミみたいな顔ね」

ジュリアのマスクをけなす。


山城は、M3と乗り比べてみたいと考えていた。





「谷口さんが亡くなったんですって」

「あぁ、いい男だった」


悦子は、パーティーの夜を思い出していた。








とある事務所に電話がなる。




「はい、センチュリー社です」

「私だ、オヤジは居るか?」

「若!あいにくオヤジ殿が不在で」

「そうか」


メールを確認するよう告げて、山城は電話を切った。



ボイスレコーダーのメモリーを送ること。
それを機を見てマスコミに公表すること。
町工場の下請けをセンチュリー社が面倒見ること。

が、細かく指示されている。





「誰に電話したの・・・・・?」

「ん?うちの事務所さ」

「事務所?会社のこと?」


そう言い終わらないうちに、大下悦子を陵辱し始めた。

怪訝そうな顔をしていた悦子も、山城の獰猛さに声を上げるしか出来なかった。


山城に完全に調教された悦子は、山城好みの女に仕上げられていた。
陰毛は綺麗に剃られてツルツルにされ、手錠と目隠しを施されて
自ら、足を開いて局部を開くまでになっていた。


山城は、そんな悦子にご褒美と称して、濡れきっていない局部を犯した。
同時に・小さな乳首に噛みつく。
痛みとも心地よさとも言えない快感が悦子を襲い、
そのうち、悦子は動けなくなった。

抜いても、山城のモノが入っていたとわかるように
ぱっくり口を開け閉じようとしない。



山城は、ベッドから起き出し、
たばこに火を付け、水男に思いをはせる。



「次はどう動くか・・・・」
















いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2017/12/18(月) 00:00:00|
  2. 余録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

余録126 萬年筆奇譚 第6章 襲撃篇1節

出張二日目、つい先ほどまで白山に調教を受けた鵜飼は身動きが取れず、
カスタム社秘書課に、法事で休むと嘘の電話を掛けベッドから動かなかった。

サディスティックな女がさらに上を行くサディスティックに
調教される姿はマニアにはたまらないだろう。



山城は、代官山ホテルから、タクシーで渋谷カスタム社を目指す。
エントランスを歩いていると、大下悦子が駆け寄ってきた。


「おはようございます」

「悦子君、おはよう、あれ?英子君は?」

「昨日の秘書さんでビビッちゃって。今日は休んでいます」

「あらあら、すまなかったね」

「いいえ。こうして一人で山城さんとお話が出来ますもの」
「秘書さんのお陰ですわ」

「いつもこんなに早く出社しているの?」

「分かっているくせに~待っていたんですよ」

「そうなの?お待たせ」


大きく口を開け豪快に笑って言うと、
悦子は股間を押さえそうになる。


「今日は遅くなりそうですか?」

「いや、明日が最終だから、今日は早いと思うよ」

「あの・・・・今夜お付き合いください」

「かまわないよ。ご飯をご馳走しようか」

「ほんとうですか?私が先約です!」

「じゃ、夕方」



18時頃、ほぼ定時で仕事を切り上げて、エントランスを歩く。
社員を見送って振り返ると、すでに私服に着替えた悦子が待っていた。


「待たせたかな?ゴメンね」

「いいえ美味しいお寿司のお店を予約しました」

「寿司をつまむのも久しぶりだ。案内しておくれ」


エキゾチックでプライドが高そうな悦子は伏せ目勝ちに
頬を赤らめると、これも予約して待たせておいたタクシーに乗り込む。


「山城さん、怒らないで聞いてくださいね」

「ん?なんだい?」

「先日のパーティーの後、色々な男性を試してみたんです」
「でも、みんな満足できなくて」


そう言うと、山城の手を握り股間に誘う。
悦子はストッキングの上からわかるくらいに濡れていた。


悦子は、奥渋谷界隈の隠れ家的な寿司屋に山城を連れて行く。
山城は日本酒を、悦子はワインを飲んで寿司をつまむ。

山城が会計を済ませると、悦子はタクシーを捕まえていた。


「山城さんの好きなところに連れて行ってください」


一瞬考えて、自宅に連れて行くことにした。






「うわぁ~可愛いおうちですね」

「君たち金持ちからすると可愛い家なんだろうな」

「そういう意味ではなく、趣味の良い家ですね」

「ありがとう」


ガレージに目を留める。


「どんな車が停まっているんですか?」


そういえば、カスタム社に出勤する白山は自転車だった。
リモコンでシャッターを開けると、メルセデス、BMW、ポルシェの尻が見えた。


「5台?4台?位のスペースですね」

「あぁ、一応5台駐車が可能かな」

「ふぅん、もう1台増えても邪魔にはなりませんよね」

「どういうこと?」

「週末ディーラーに行って車を買いましょう」

「は?」

「みんな独車ですね。他国の車は如何?」

「じゃ、ベッドの中で好きな車の話をしようか」


悦子はまた股間を押さえて、山城の後をついていく。





「ねぇ、フェラーリなんてどう?」


ベッドに入ってから3時間後。
ラークに火を付けながら悦子は言う。


「高級だね~」

「あなたに似合いそうよ。赤が良いかしら?」

「成金っぽくないか?」

「そう?」

「あなたはとてもお金のかかる男」
「でも、お金で解決できるくらいならどうでも良いわ」

「私を乗せるためだけの車をプレゼントするわ」

「ほう、俺は君のアクセサリーか?」

「そういう意味ではないわ。気を悪くしないで」


プライドの高い女の顔が困り果てている。
エキゾチックな美人の困った顔は山城の好みだ。


「どうせ、君のような金持ちからすると僕はバッグみたいなものなんだろうね」

「お願い。そういう意味で言ったんじゃないのよ許して」


それから、絶頂前に「抜くよ」と言って、悦子に恥ずかしい言葉を言わせた。
悦子は、恥ずかしい言葉を言わされている自分が可愛くて仕方ないように、
いじめられる自分を楽しんでいる。

エキゾチックでプライドの高そうな女をボロボロに容赦なく扱い虐めにいじめ抜く。



結局一晩中、悦子を寝かせることなく、奴隷のように扱う。


「やっぱり、コレでないと満足できない」


と、うわごとのようにつぶやき何度も絶頂を迎えた。


翌朝、タクシーを呼んで一足先に出社させる。
ブラックコーヒーをカップに注いで、舌を焦がしながら新聞を眺める。

カスタム社、プロフィット社の株価は少し値を上げていた。

さあ、いつ暴落させてやろうかと、山城は不敵に笑う。




カスタムに赴いてみると、悦子は首筋の
キスマークを名取に見せつけるように大きくブラウスのボタンを開けていた。

これには、さすがの山城も口閉した。



秘書の鵜飼も出勤していたが、山城を見る目は女だった。
愛くるしく見つめながらも、どこか浮気したら許さないと嫉妬の炎が瞳の奥から見える。


「女って面倒くさい」


そう吐き捨てるようにつぶやくと、最終日の仕事に取りかかった。





まもなく仕事も終わる頃、携帯電話が山城に入る。

プロフィット本社 秘書課の長沢からだった。


「谷口水男君が亡くなりました」













いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2017/11/27(月) 00:00:00|
  2. 余録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター