銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

インク(店舗限定特別インク DENプレミアムブルー Kobe INK物語)ボトル

【 PenStyle Kobe INK物語 店舗限定特別インク | DENプレミアムブルー  】


KobeINK物語 premium-blue 0



海と山に恵まれた港町「神戸」にて1882年に創業したナガサワ文具センターのコーポレートカラーを、
クラシカルモダンをテーマに高貴なプレミアムブルーで表現しました。


オリジナル万年筆インク「KobeINK物語」開発秘話


人にはモノを見るとき大きく分けて「形から入るタイプ」と「色から入るタイプ」の
二通りあるように思えますが皆様は如何お考えでしょうか。


私は物心がついたときから色から入る方のタイプで、
世の中にあるものすべてに対して色から先に判断してしまう習性があります。
今から考えるとその習性が幸いしてか、緑を背景に美しい色の集まる街「KOBE」にて、
常に色彩豊かなモノに囲まれたステーショナリーの分野に携わる仕事を選んだ第一の理由かも知れません。


そんな私が魅力的な街「神戸」に惹かれて早37年以上経過しました。


その中心となる「三宮」はいつでも、美しい自然の宝庫「六甲」の山並みが眺められる
恵まれた環境下に位置しています。

仕事で疲れた時、この山に癒され常に「心の栄養剤」として活用させていただきました。
「そんな六甲の深い森の色をいつも愛用の万年筆に忍ばせ、
いざという時にさり気なく使えないものか」と考えたことが「Kobe INK物語」の始まりでした。
そして試行錯誤を繰り返し、ようやく納得のカラーが出来上がり、
2007年に第一集の「六甲グリーン」として発表させていただきました。


続いて、焼けるように熱い真夏の快晴な昼下がりにメリケン波止場沖を
遊覧船上で気分転換を計っていた時、
ふと何気なく眼にとまった「青空を映す美しい海の色」で手紙を書きたい衝動に駆られて
企画した色が第二集の「波止場ブルー」です。
このインクで綴った手紙は正に「神戸からの手紙」として印象に残る書簡となり、
受け取った方にも幸せな気分を分かち合えるかも知れません。



そして、もう一色どうしても欲しかった色、それが第三集の「旧居留地セピア」です。
ご存知のように神戸といえば「ファッション」、
センス溢れるショップが集合する「旧居留地」において最も似合う色を求めて
何回も歩いてイメージしたカラーが落ち着いた深いセピアカラーでした。
特にこのエリアは風格のある建築とさりげないスタイルを演出する街路樹、
加えて、道行く人の光と影が交錯するシーンに洗練された神戸モダンを感じます。



これらの3色を「神戸インク物語」のベースカラーとしてデビューさせてから約8年が経過し、
2015年6月、神戸インク次のステージを目指し、
待望の「神戸おとな色」として第51集「加納町ミッドナイト」、
52集目「塩屋ヴィンテージセピア」が誕生しました。



ひたすらに神戸の魅力に惹かれて色を求めてきた結果、
気が付いてみると万年筆インクの分野において日本一の色数を誇るシリーズにまで成長させていただきました。

今、あらためてこれ程まで魅力溢れる街「KOBE」にて多くの方々とご一緒に暮らせることの幸せに心から感謝しています。

2015/7/4
ナガサワ文具センター 竹内直行


KobeINK物語 premium-blue 1 KobeINK物語 premium-blue-4 KobeINK物語 premium-blue-2



種類:万年筆用インク(ボトルインク)
インクNo:店舗限定特別カラー DENプレミアムブルー
容量:50ml
価格:2,000円 + 税
発売日:2018年5月下旬予定


店舗限定インクのため、PenStyle DEN及び公式オンラインショップのみの販売となります。
※公式オンラインショップは初回入荷分のみの販売となります。



KobeINK物語 premium-blue (1) KobeINK物語 premium-blue (2)



KobeINK物語 premium-blue (3) KobeINK物語 premium-blue (4)




友人の丸さんが、わざわざ自宅まで持ってきてくれた。
ナガサワの紙袋に使われているブルーだ。
イメージカラーをインクにしたもの。

丸さん。ありがとうね。



NAGASAWA PenStyle Kobe INK物語 【DEN プレミアムブルー】

価格:2,160円
(2018/5/29 09:28時点)
感想(0件)








いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。






  1. 2018/06/18(月) 00:00:00|
  2. インク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モンブラン 特別限定品パトロンシリーズ2018 ルートヴィヒⅡ」

高級筆記具ブランド「モンブラン(MONTBLANC)」から「特別限定品パトロンシリーズ2018 ルートヴィヒⅡ」が登場。

毎年発表される「パトロンシリーズ」は、文化・芸術の発展に貢献した人物に敬意を表し、
その名を冠した特別限定アイテム。今回は"メルヘン王"とも呼ばれ、
音楽や芸術をこよなく愛したバイエルン王 ルートヴィヒ2世の万年筆3種が展開される。



ルートヴィヒ II リミテッドエディション 4810 img_156143_7 ルートヴィヒ II リミテッドエディション 4810 img_156143_8


「特別限定品パトロンシリーズ2018 ルートヴィヒⅡ 4810」は、
世界限定4810本の万年筆。
ボディにはバイエルン王の正装マントをイメージしたブルーを、
キャップとクリップ部分には彼が夢中になったオペラ「ローエングリーン」にて登場する白鳥のデザインを施した。
また、ペン先にはルートヴィヒ2世の夢の結晶である美しい「ノイシュバンシュタイン城」が刻まれている。



ルートヴィヒ II リミテッドエディション 888 img_156143_5 ルートヴィヒ II リミテッドエディション 888 img_156143_6



一方、世界限定888本の「特別限定品パトロンシリーズ2018 ルートヴィヒⅡ 888」は、
万年筆全体がノイシュバンシュタイン城仕様。
ホワイト地にゴールドのスケルトン装飾がされた豪華なボディは、
城内「玉座の間」の壁画のパターンから着想を得た。さらにキャップリングにはルビーがセットされており、
宝飾品のような美しい一品となっている。


ルートヴィヒ II リミテッドエディション40 img_156143_1

ルートヴィヒ II リミテッドエディション40 img_156143_2 ルートヴィヒ II リミテッドエディション40 img_156143_4 ルートヴィヒ II リミテッドエディション40 img_156143_3



さらに、受注販売となる「特別限定品パトロンシリーズ2018 ルートヴィヒⅡ リミテッドエディション40」は、
サファイアガラスに閉じ込めた羽毛細工の白鳥がデザインされた万年筆を超えた芸術品。
キャップトップにはダイヤモンドとルビーがセットされており、贅の限りを尽くしたルートヴィヒ2世の生き様を彷彿とさせる。


・モンブラン「特別限定品パトロンシリーズ2018 ルートヴィヒⅡ」発売中

・ルートヴィヒⅡ 4810(ペン先:F/M) 315,000円+税 ※世界限定4810本
・ルートヴィヒⅡ 888(ペン先:M) 1,000,000円+税 ※世界限定888本
・ルートヴィヒⅡ リミテッドエディション40(ペン先:M) 58,000ユーロ(時価) ※受注販売



ノートブック #146 ゴールド、罫入り、シルバー縁 img_156143_10 インクボトル 50ml img_156143_11


・ノートブック 8,700円+税
・インクボトル 50ml 4,000円+税



モンブランとはいえ、筆記具の価格の範疇を遙かに超えている。
先日モデルチェンジをした、RRのようなものだ。
確か・・・・ファントム・・・・Ⅷになるのかな?


RR A1240502
RR A1240292


ロールス・ロイス・モーター・カーズは1月22日、
14年ぶりに全面改良した旗艦車種『ファントム』を都内で日本初公開した。
先代より10%静粛性を高めたほか、ダッシュボード内に好みに応じで
アート作品を組み込めるようにしたことなどが特徴。価格は5460万円から。



ん~~庶民には・・・・・関係ない話だったかな?
まぁ、ネタと言うことで。




いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。






  1. 2018/06/11(月) 00:00:00|
  2. MONTBLANC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ZEBRA F-701

《ZEBRA(ゼブラ)》の海外向けスチール製ボディペンシリーズ、
STEELラインのフラッグシップモデルF-701。



ZEBRA F-701 imgrc0077857550
ZEBRA F-701 imgrc0076589593
ZEBRA F-701 imgrc0076589594
ZEBRA F-701 imgrc0076589595
ZEBRA F-701 imgrc0076589596





ペン先から、滑り止め状に削り出されたローレットグリップ、
ペン軸、クリップに至るまで、全てステンレス鋼で作られた、
シンプルな美しさのあるペンです。

程よい太さと重量感、厚みのある金属軸の丈夫さは、
ヘビーデューティな雰囲気と、エレガントさを兼ね備えています。

EDC(Every Day Carry=毎日持ち歩くこだわりの身の回り品)アイテムとして、
愛用者の多いこのペンですが、残念ながら日本では未発売。
替芯は、国内でも入手可能な「F-0.7芯」に対応しています。


【数量限定】海外限定販売商品
【仕様】軸:ステンレス/グリップ:ローレット加工
【サイズ】本体全長134×最大径1.1mm/重量30g
【替芯】F-0.7芯(黒インク)
【※注意】購入時に本体にセットされている替芯は海外仕様の為、国内販売品と仕様が異なります


まさに、「質実剛健」なボールペン。
事務をしている女性がおもむろにポケットから取り出したのが、
このF-701だったら、カッコイイかも。

海外モデルと言うことで国内販売(小売店等)を
していないのは残念だ。

全米ではかなりの人気だと聞く。

車でもそうだが、どうも軸足は海外にあるような気がする。





★ゼブラ/ZEBRA 油性ボールペン F-701 0.7mm BAZ47★

価格:1,080円
(2018/5/22 14:19時点)
感想(1件)







いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。






  1. 2018/06/04(月) 00:00:00|
  2. ペン(ボールペン)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プラチナ 卓上万年筆:第3章 5年目

自衛隊時代から使っている、卓上万年筆2本。
(30年以上使っている)
新たに買い揃えた卓上万年筆4本。

これらの極細万年筆が、システム手帳の記入に使われている。
その新たに買い揃えた卓上万年筆が5年目を迎えた。


プラチナ万年筆なら、プレピー等安価で書きやすい万年筆がある。
しかもこの卓上万年筆と同等金額だ。

見た目もそちらが可愛くて一般ウケするだろうと思う。


しかし・・・・・
やっぱり卓上万年筆(デスクペン)は名品。
ステンレスのペン先にプラスチックのボディー。
業務用に特化して、色気も飾りっ気もない。

極細のニブはフローが良く、不具合がない。
また、尻に向かって細くなった形状のため、
重心はペン先にあり、長時間の筆記に疲れない。


それでこの金額。

高級バージョンの14Kペン先を持ったモデルもあるが、
業務に特化した万年筆はステンレスで充分。
(その方が気兼ねなく使えるし)

どこかのブログで誰かが、
「テーブルペンは最強!」と言っていた。
本当に同意する。


ホンダの名車、「スーパーカブ」のような万年筆だ。


30年以上の古参は、ボディーにヒビが入ってしまったので、
瞬間接着剤で止めている。
見た目はボロボロだが、未だにストレスなく書けるから、
最強の称号は嘘ではない。

カートリッジも安価で嬉しいが、
空になったカートリッジを洗浄して、
他社のインクをシリンジで吸い上げて注入。
そして使っている。

最強どころか、無敵の万年筆だ。


携帯には向かないので、
書斎や職場で一度お使いください。
唸りますよ。


最近では、スリップシール機構を搭載したモデルまで出てきた。
(1年くらい使わなくてもスラスラ書けるという機能)

これを卓上万年筆に搭載させるとは・・・・・



プラチナ萬年筆 デスクペン 万年筆 5本入

価格:2,561円
(2018/4/26 16:02時点)
感想(0件)






プラチナ万年筆 PLATINUM デスクペン 万年筆 ブラック/レッド (EFサイズ) DPQ-700A

価格:496円
(2018/4/26 16:04時点)
感想(1件)






プラチナ万年筆 PLATINUM デスクペン DP-1000AN ブラック/レッド EF(極細)/F(細字) DP-1000AN-1/DP-1000AN-10

価格:731円
(2018/4/26 16:04時点)
感想(2件)






プラチナ万年筆 PLATINUM デスクペン 万年筆 ブラック/レッド 細字(EF/Fサイズ) KDP-3000A

価格:2,193円
(2018/4/26 16:04時点)
感想(7件)








いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。






  1. 2018/05/28(月) 00:00:00|
  2. 手帳(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター